ここから本文です

「ネットメディアは報道ではない」はずない 東京都議が議会ルールに異議

BuzzFeed Japan 6/4(土) 7:00配信

6月1日に開かれた東京都議会をBuzzFeedが取材しようとしたところ、「ネットメディアは報道ではない」と断られた。その件を報じた記事を読んだ都議3人が3日、議長に報道機関の定義を見直すように要望した。「ネットメディアに活動の場を提供することは時代の必然」。果たして、要望は通るのか。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

川井重勇議長(自民)に申入書を出したのは、都議会会派「かがやけTokyo」の上田令子、両角穣、音喜多駿の3氏だ。

この申入書に至った経緯を振り返る。

BuzzFeed Newsは6月1日の都議会を取材しようとしたところ、「ネットメディアは報道ではない」と断られ、写真撮影やパソコン使用が認められなかった。

「事前の申請がなかったから」という理由で取材を断られることはある。しかし、「ネットメディアは報道ではない」というのは異例だ。

都議会の広報課によると、都議会のルールでは「誰が報道機関か」は議会(議長)が決めることになっている。そして現状では、都議会はインターネットメディアを「報道機関」として認めていないという。

これに対し、「かがやけTokyo」が提出した申入書は次のように言及している。

「情報化社会の進展により、インターネットメディアが報道機関として大きな役割を担い始めていることは論をまちません」

「東京五輪を見据え、世界一の国際都市を目指す東京都にあり、『開かれた都政』を目指す都議会として、インターネットメディアにも活動の場を提供することは時代の必然と考えるものです」

その上で、こう要望した。

「この際、我々東京都議会において、「報道機関」の定義を見直し、インターネットメディアもその対象とすることの検討を強く要望するものです」

BuzzFeed Newsは申入書を提出した一人、音喜多議員に話を聞いた。

音喜多議員は「都議会がネットメディアをどう扱っていたのか、今回初めて知りました」と話す。

「議会局に聞いたところ、ネットメディアを積極的に排除する意図はないが、インターネットがない時代に作られた運用ルールが、見直されないままになっているという話でした」

音喜多議員の問題意識は、どこにあるのか。

「都議会の議論を、もっと公開していかなければいけません。都議会では、非公開の理事会で実際の物事を決める、という慣習があります。つまり、水面下で話が進み、決まった後に表面化するという流れが、常態化しています」

「今回の件をきっかけに、インターネットとの付き合い方、報道のあり方も含めて、都議会の情報公開のあり方をパッケージで議論すべきでしょう。例えば、現在ネット中継されているのは本会議だけですが、委員会も中継したり、議会の資料をサイト上に掲載するといったこともできるはずです」

最終更新:6/4(土) 7:00

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。