ここから本文です

戦慄の「マクハリ・ターン」 「レッドブル・エアレース千葉2016」はこう楽しめ!

乗りものニュース 6月4日(土)8時0分配信

「世界最速のモータースポーツ」が今年も千葉に

 2016年6月4日(土)および5日(日)の両日にわたり、「レッドブル・エアレース千葉2016」が、千葉市美浜区の幕張海浜公園にて開催されます。同大会は、国内で初めて催された昨年に引き続き2度目になります。

「レッドブル・エアレース」は、空中に設定されたトラック(コース)を専用の飛行機で飛行し、タイムを競う空のレースです。その最高速度は370km/h(毎時200ノット)にも達し、主催のレッドブル社は「世界最速のモータースポーツ」と豪語。世界各国で年間8戦が争われ、各大会の順位によって与えられるポイントの総獲得数で年間王者が決定されます。

 今回の千葉大会は、2016年シーズンの第3戦目にあたります。昨年の第1回大会では、同レース史上最多となる12万人もの観衆を集め、大盛況のうちに幕を閉じました。今大会も前売りチケットの多くが完売になっており、その人気の高さをうかがわせます。

 競技は、パイロンで示されたレーストラックを1機ずつ飛行して争われます。参加選手14名がまずは1対1のトーナメントを戦い、その勝者7名と敗者のうち最速のタイムを記録した選手が「ラウンド・オブ・8(準決勝)」に進出。再びトーナメントを戦って、勝者の4名が「ファイナル4(決勝)」へ進み、そこで最も優秀なタイムを叩き出した選手が優勝です。

「千葉の魔物」今年も登場 エアレースのルール、見どころは?

 飛行機によるレースということで、ほかのモータースポーツとは異なる独特のルールなどもあります。「レッドブル・エアレース千葉2016」をより楽しむために、ここで基本的なルールや見どころを予習しておきましょう。

 レースに使用されるエンジンとプロペラは、全て統一されています。決められたパワーをいかに飛行性能として引き出すかは、各チームの使用する機体やメカニックの腕の見せどころになります。

「スタート(フィニッシュ)ゲート」の通過には370km/h(毎時200ノット)の速度制限があり、これを超えてしまうと「DNF(記録なし)」になります。また、スタート時にスモーク(飛行機雲)を出さなかった場合、ペナルティとして記録に1秒加算されるというルールもあります。

 1本のみ設置されたパイロンは必ず外側を通過し、2本のパイロンで構成された「エアゲート」はそのあいだを通過しなくてはなりません。

「エアゲート」の通過は高度が高すぎても低すぎてもNG、そして必ず機体を水平に保たなければなりません。高度超過や水平が維持されていない場合は2秒のペナルティ、高度が低すぎる場合は失格になります。「エアゲート」通過の瞬間のみ機体を水平に戻す早業が見どころとなるでしょう。

 3本直列に並べられたパイロンは「シケイン(スラローム)」。その通過に水平を保つ必要はありませんが、機体を素早く左右に切り返さなくてはならず、全コース中で最も激しい機動を楽しめるところでもあります。

 そして「レッドブル・エアレース千葉2016」を特徴付ける最大のものが、レーストラックの両端に設置された「エアゲート」です。各機はゲート通過後に180度旋回し、今度は逆方向へ飛行しなくてはなりません。旋回は高い「G」、すなわち遠心力を掛けたほうが素早く行えますが、ルール上、10Gの制限があり、これを0.1Gでも超えてしまうと「DNF」です。昨年の大会でも、この両端のエアゲートは「チバ・マニューバ」「マクハリ・ターン」と呼ばれ、“千葉の魔物”としてレースに君臨。選手たちはその攻略に苦しめられました。

1/2ページ

最終更新:6月6日(月)12時26分

乗りものニュース