ここから本文です

大宮、無敗で締め決勝Tへ 5日ナビスコ杯鹿島戦、出場ない選手起用

埼玉新聞 6月4日(土)10時30分配信

 ヤマザキナビスコ・カップ1次リーグA組で11年ぶり8強入りした勝ち点11で2位大宮は5日、鹿島と最終節を戦う(14時・NAC)。首位神戸とは勝ち点2差で順位逆転の可能性も残す。渋谷監督は「ナビスコ杯で1敗もしていない。しっかり勝って締めくくりたい」と意気込んだ。

 チームは3日、さいたま市内で報道陣にのみ公開して、11対11で調整した。主力組は4―4―2布陣で2トップはペチュニクと江坂。GKは松井で今季に新加入後、公式戦初先発が濃厚になった。ボランチは大山と岩上、中盤の左は泉沢で右はマテウスが務め、最終ラインは左から大屋、福田、山越、渡部だった。

 既に予選突破も決まっており、渋谷監督は「トライさせたい選手もいる」と出場機会が少ないメンバーを起用する構えだ。ここまで3勝2分けと無敗なだけに、「結果を出してもらいたい」と奮起を促した。

最終更新:6月4日(土)10時30分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。