ここから本文です

初代タイガーマスクがミノワマンとの復帰戦と武道『須麻比(すまひ)』の立ち上げを発表

バトル・ニュース 6月4日(土)10時57分配信

 初代タイガーマスクが遂に復帰戦を行うことを発表した。

 初代タイガーマスクは狭心症のため、昨年の3月大会を最後に欠場を続けてきた。5月には心臓の冠動脈をカテーテルで広げる手術を受けて無事成功。
 この日初代タイガーは『武道 掣圏』をさらに進化させた新たな武道『須麻比(すまひ)』の立ち上げを発表し、6・23リアルジャパンプロレス後楽園ホール大会において武道『須麻比』のデモンストレーションを自ら披露するという。

 対戦相手は総合格闘家でプロレス経験もあるミノワマンが務めることとなり、初代タイガーは「限りなく実戦に近い形で“須麻比はどういうものか?”“格闘技とは何か?”ということを全面的に打ち出すデモンストレーションにしていきたいと思います。これが私のカムバックの第1回目、復帰戦の第1回目になります。マスクを付けて、タイガーマスクとして上がらせてもらいますので、それなりの動きは(見せられる)。美濃輪選手には覚悟しておいてもらいたい」と力強く宣言した。

最終更新:6月4日(土)10時57分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。