ここから本文です

全仏決勝、王者ジョコビッチと世界2位マレーの頂上決戦<男子テニス>

tennis365.net 6月4日(土)5時1分配信

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会13日目の3日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第2シードのA・マレー(英国)が決勝進出を果たした。初の全仏オープン優勝を争う世界1・2位の両者は今回が通算34度目の対戦、過去はジョコビッチから23勝10敗。

全仏オープン対戦表

今大会、ジョコビッチは第14シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)との4回戦以外は全てストレートで勝利し、3年連続の決勝進出。もしジョコビッチが優勝すると、全仏オープン初優勝と同時に、生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)達成、さらにグランドスラム4大会連続のタイトル獲得となる。

一方のマレーは1回戦から2セットダウンの崖っぷちを乗り越え、2回戦もフルセットの戦いを強いられた。3・4回戦はストレートで勝利したが、準決勝・準決勝は1セットずつ落とす中で全仏オープン初の決勝進出を決めてる。

ジョコビッチとマレーは今大会の前哨戦であるマドリッド・オープンとBNLイタリア国際の決勝で対戦しており、ともに1勝を分け合っている。昨年の全仏オープン準決勝ではジョコビッチが勝利した。

両者の決勝戦は、現地6月5日に行われる予定。

tennis365.net

最終更新:6月4日(土)5時1分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]