ここから本文です

数か月間無得点でもポジティブに ジルー「キャリア最高のシーズンの1つだった」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月4日(土)10時40分配信

批判に納得しないジルー

フランス代表の一員としてEURO2016に臨むアーセナルFWオリヴィエ・ジルーは、今季後半戦に思うように得点を決められなかったこともあり、サポーターからブーイングを浴びることも少なくない。先日のカメルーン戦でもブーイングが起きる場面もあり、全てのサポーターがジルーに満足しているわけではない。

今季のジルーは2016年に入ってから得点を決められなくなり、数か月にわたって無得点の時期が続いた。キャリアの中でも苦しいシーズンだったはずだが、ジルーは今季の成績をポジティブに受け止めている。英『Daily Mirror』によると、ジルーは今季が自身のキャリアの中でも最高のシーズンの1つだったと語り、前半戦は良い時期を過ごしていたことをアピールした。

「僕はシーズンが2016年1月から始まったわけではないと気付かせるよ。ストライカーは一貫性でジャッジしなければならない。僕はとても良い6か月間を過ごし、その後やや難しい時期があった。だけど、最終的に僕は今季28得点奪い、10のアシストを記録した。キャリアの中でもベストなシーズンの1つだったよ」

フランス代表はカリム・ベンゼマが参加しないこともあり、ジルーにかかる期待は大きい。カメルーン戦では得点も決めたが、EUROでもサポーターを満足させる活躍が出来るか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月4日(土)10時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]