ここから本文です

プレイスタイルは合うのか アーセナルがバーディ獲得に本腰を入れる

theWORLD(ザ・ワールド) 6月4日(土)12時18分配信

2000万ポンドはお値打ちか

アーセナルがレスターのイングランド代表FWジェイミー・バーディ獲得を狙っているようだ。

レスター優勝の立役者として彼の名前を知らない者はいないだろう。クラブはこのエースを来季もチームに残すため2月に契約延長を発表し、現行の契約は2019年までとなっている。しかし、新契約にはバイアウト条項が含まれていると伝えられており、その場合2000万ポンドさえ支払えばどこのクラブでも獲得できるため移籍の噂は絶えない。

15-16シーズンに24ゴールを決めたバーディに対し、2000万ポンドという価格はお値打ちではあるが、年齢が29歳というのもあり、他クラブは二の足を踏んでいる。しかし、英『Mirror』によれば、先月からアーセナルは継続的にバーディを追っており、獲得を試みているようだ。

そもそもポゼッション志向のアーセナルでバーディが輝くのかという心配はあるが、シンデレラボーイの次なる行き先がロンドンというのも悪くないかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月4日(土)12時18分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。