ここから本文です

役場職員を装う還付金詐欺 82歳女性、370万円被害/小川

埼玉新聞 6月4日(土)22時16分配信

 小川署は3日、埼玉県小川町の無職女性(82)が高額医療費の還付金詐欺で現金約370万円をだまし取られた、と発表した。

 同署によると、5月30日午前9時ごろから数回にわたり、女性宅に小川町役場職員を装った女らから「高額医療費の還付金があります。受け取りはどちらの口座にしますか」「手続きはコンビニでできます。着いたら電話してください」との電話があった。

 話を信じた女性は、31日から今月2日にかけて3回、自宅近くのコンビニエンスストアで指示された通りに現金自動預払機(ATM)を操作。現金計約370万円を振り込んだ。3日に不審に思った家族が確認したところ、だまされていることに気付いた。

最終更新:6月4日(土)22時16分

埼玉新聞