ここから本文です

トミックに続いてキリオスもリオ五輪を辞退 [海外テニス]

THE TENNIS DAILY 6月4日(土)16時0分配信

 ニック・キリオス(オーストラリア)がリオデジャネイロ五輪の欠場を決めた。彼は金曜日に、セレクション候補を辞退する理由としてオーストラリア五輪委員会(AOC)役員たちによるアンフェアで不当な扱いを挙げていた。

トミックとキリオスがオーストラリア五輪委員会からふるまいについて警告を受ける

 キリオスと、すでに五輪出場を辞退しているバーナード・トミック(オーストラリア)は先月、コート内外での不品行の数々のあと、オーストラリア代表チームの責任者であるキティ・チラー氏により警告を受けていた。

 つまり、オーストラリアでもっともランキングの高い男子テニス選手のふたりが、オリンピックの歴史が豊かでスポーツを愛する国の代表として五輪競技に参加しないということになる。

 これに先立ち、チラー氏の発言についてソーシャルメディアでジョークを飛ばしていたキリオスは、自分は変わらずオーストラリアテニス連盟の後押しを得ており、リオ五輪代表として指名されていただろうが、「オーストラリア五輪委員会(AOC)が別の考えを持っていることは、僕の目には明らかだ」と声明文の中で述べていた。

「ここ4週間の自分に対するAOCのアンフェアで不当な扱い、また彼らが僕にオーストラリア代表チームの一員でいてほしいと思っているか否かについてのこの団体の非常に明瞭なポジションが、僕の最終決断を強固にした」とキリオスは言っている。

「五輪に参加しないという決断を下さなければいけないことは、自分にとっても辛いことだった」とキリオス。

 審判や対戦相手、観客に対したびたび暴言を吐いてきた21歳のキリオスは、オーストラリアテニス連盟にサポートのお礼を言ったが、AOCの役員からの支援がなかったのは残念だ、とも言い添えた。

「AOCメンバーの誰一人もが、僕や僕の家族、チーム、あるいはオーストラリアテニス連盟の代表者に、ミーティングや彼らの懸念について話し合う機会を求めて連絡してくることはなかった」とキリオス。「AOCの僕に対する正当性を欠く攻撃は、この団体に非常に競争の激しいスポーツを取り巻く環境を理解する能力が欠けていることを示している。僕はまた、AOCの僕への扱いがオーストラリア五輪チームの競技への集中力を乱したり、ネガティブな影響を与えたりするようなことが起きてほしくないと思っている」。

 オーストラリアテニス連盟は先月、世界ランク19位のキリオスをリオ五輪代表にノミネートするつもりだと述べていた。

 金曜日にオーストラリアテニス連盟は「ニックの決断を理解し、全面的に彼とその決断を下す彼の権利をサポートする。しかし我々は、彼がこのような立場に置かれたことを非常に残念に思う」と言って、ふたたびキリオスに支援を送った。

「ごく最近言ったように、今年のニックのパフォーマンスは向上している。日に日に成熟しつつある事実がコート上のパフォーマンスにも反映されており、今年のニック以上にトップ10プレーヤーを倒している選手は、世界ナンバーワンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)だけである」

 オーストラリアテニス連盟は、6月末までにリオ五輪に参加する選手をノミネートしなければならない。チラー氏は先月、AOCがそのセレクションについて最終決断権を持つ、と言い添えつつ、各スポーツ連盟はそのスポーツにおいて『よいレベル』を持つ選手しかノミネートできない、と釘を刺していた。

 金曜日の声明文の中で、チラー氏は「セレクションに関しては、すべてのアスリートは同等かつ公正に扱われる。この件に関しては、これ以上言述すべきことはない」と言っている。

 キリオス、トミックへのチラー氏の最初の警告のあと、キリオスはソーシャルメディアを通し、「誰かあのキティ・チラーに、ツイーナーロブ(マドリッドの大会での錦織圭との対戦で、キリオスが放ってエースになった股下ロブのこと)を見るように言ってくれ。そうすれば彼女も、なぜ僕がオリンピック代表候補なのかわかるだろう」というコメントを流していた。

 チラー氏はそれに対し、「ソーシャルメディアでのニックのコメントのいくつかは、彼がオーストラリアを代表するオリンピアンであるということが何を意味するのかを理解していない、ということを示していると思う」と言うことで、やり返している。

 キリオスの出場辞退で、リオ五輪でメダルを望めるオーストラリアの最たる選手は、全仏オープンの女子シングルス・ベスト4で2011年全米オープン優勝者のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)ということになる。キリオスとトミックが対象外となった今、男子シングルスでは世界61位のジョン・ミルマン(オーストラリア)が五輪代表となる唯一の可能性を持つ選手であるようだ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:6月4日(土)16時0分

THE TENNIS DAILY