ここから本文です

【MLB】青木レーザー送球を披露! クロスプレーもビデオ判定でアウト

Full-Count 6月4日(土)10時44分配信

球審も一瞬考え込んだ際どいプレーも青木の勝ち

 マリナーズ青木宣親外野手が守備で魅せた。3日(日本時間4日)のレンジャーズ戦。4点を追う3回の守備だった。1死二塁の場面で打席に立ったルアがセンターへ打球を飛ばすと、二塁走者だったベルトレが一気にホームを狙った。打球をつかんだ青木は弾道の低い送球をホームへ一閃。捕手クレベンジャーの構えるミットへストライク返球となった。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 滑り込んたベルトレがホームベースに触れるのと、クレベンジャーがベルトレにタッチするのが、ほぼ同時のクロスプレーに。球審は一呼吸空けて考えるほどの際どいプレーを当初アウトと判定したが、マリナーズのサービス監督がビデオ判定を要求。判定は覆ってアウトとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月4日(土)10時44分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)