ここから本文です

決勝は世界1位ジョコビッチと2位マレーの対決 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月4日(土)17時0分配信

 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、またもテニスの歴史を塗り替えようとしている。彼は、まだ優勝したことのない唯一のグランドスラム、全仏オープン(5月22日~6月5日)で4度目(2012、14、15、16年)の決勝進出を決めた。

ジョコビッチがふたたび決勝へ、唯一ないタイトルまであと1勝 [全仏オープン]

 彼にとってこの全仏オープンには、生涯グランドスラム(すべてのグランドスラムで優勝すること)を達成しようとする試みに加え、より稀な記録の達成もかかっている。それは4つのグランドスラムを連続で制すること――この半世紀に誰も達成できていない偉業だ。

 雨にたたられたロラン・ギャロスで、4日連続でコートに立ったジョコビッチ。金曜日の準決勝で第13シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-2 6-1 6-4で下し、大急ぎでこの試合を終わらせた。

「今日の試合は、ここまでで最高のパフォーマンスだった」とジョコビッチ。12番目のグランドスラム・タイトル獲得へ、また一歩近づいた。

 彼にとって大歓迎の休息日のあとの日曜日に、彼は世界2位のアンディ・マレー(イギリス)と決勝を戦う。

 マレーは準決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)を6-4 6-2 4-6 6-2で退け、1937年以来79年ぶりに全仏オープンの決勝に進んだイギリス人選手となった。

「非常に誇りに思う」とマレー。試合後の彼はオンコート・インタビューの間、声を震わせていた。「ここで決勝にたどり着くとは、決して予想していなかった」。

 世界1位のジョコビッチ、2位のマレー。どちらが勝っても全仏初優勝ということだ。

 マレーはこれまで、全仏オープンでは3度準決勝で敗れており、その中には一年前の、ジョコビッチに対する5セットマッチの敗戦(3-6 3-6 7-5 7-5 1-6)も含まれる。

 一方ジョコビッチは全仏の決勝を3度戦い、そのすべてで敗れてきた。2012年と2014年はラファエル・ナダル(スペイン)に敗れ、2015年はワウリンカに敗れた。いずれの試合も4セットで終わっている。とりわけ、ワウリンカに敗れた2015年の全仏決勝(6-4 4-6 3-6 4-6)は、ジョコビッチにとってグランドスラムでのもっとも新しい黒星だ。

 2012年のジョコビッチは今の彼と同じように、グランドスラムで27連勝していた。今回それを「28」まで伸ばすと、彼は昨年のグラスコートのウィンブルドンから始まり、ハードコートの全米オープン、今季のハードコートの全豪オープンと3大会連続での優勝に、クレーコートの全仏オープン優勝を加えて、四大大会連続制覇という完全勝利を遂げることになる。

「ノバクは言うまでもなく、すべてのサーフェスで素晴らしいプレーをする」とマレーは言う。

 全豪、全仏、ウィンブルドン、全米のタイトルを連続で獲得した最後の男子プレーヤーは、1969年のロッド・レーバー(オーストラリア)まで遡る。レーバーはキャリアの過程で、四大大会の4つのトロフィーのすべてを収集することに成功した7人の男子プレーヤーの一人でもある。そこにはジョコビッチと同世代のナダルと、ロジャー・フェデラー(スイス)も含まれる。

(1)フレッド・ペリー(イギリス)
(2)ドン・バッジ(アメリカ)※年間グランドスラム1938年達成
(3)ロッド・レーバー(オーストラリア)※年間グランドスラム1962、68年達成
(4)ロイ・エマーソン(オーストラリア)
(5)アンドレ・アガシ(アメリカ)
(6)ロジャー・フェデラー(スイス)
(7)ラファエル・ナダル(スペイン)

 ジョコビッチは、この大会でフェデラー、ナダル、そのどちらとも戦う必要はなかった。フェデラーは背中の故障のため事前に出場を取り消しており、ナダルは左手首の故障のため2回戦後に棄権したからだ。そして今、ジョコビッチの行く手に立ちはだかるのは、マレーのみとなった。

「そうだな」と29歳のジョコビッチは言った。「いま僕は、昨年の決勝以来、ずっといたいと思っていた場所に身を置いている」。

 ティームとの準決勝を1時間48分の省エネで終えて決勝進出を決めたジョコビッチは、コート上で6人のボールボーイとボールガールを集めて、お辞儀の振り付けを指導し、スザンヌ・ランラン・コートの観客の前で、一緒にお祝いのゼスチャー。観客は『オレ!』という掛け声でそれに応えた。

 今週、ロラン・ギャロスを悩ませた驟雨がスケジュールを混乱させたせいで、男女シングルスの準決勝は別々のコートで同時にプレーされ、ジョコビッチとティームがプレーしたスザンヌ・ランラン・コートのチケットは20ユーロという特価で売られることになった。しかし、それがジョコビッチの言葉を借りれば「驚くべき状況、雰囲気」を生み出すことになった。

 ジョコビッチは熱を帯びた雰囲気の中、自らが「新世代のリーダー」と呼ぶ22歳のティームに決して足がかりをつかむことを許さず、しっかりと自分の仕事をした。
「今日の彼はただただ、強すぎた」とティーム。「僕に言えるのは、それだけだよ」。

 フィリップ・シャトリエ・コートでワウリンカと対戦したマレーはジョコビッチより苦労したが、ほんの少しだけ、という程度だった。マレーは最初の2セットで早めのブレークを果たし、第4セットも1-0とリードした。

 5セットマッチにもつれ込んだ1、2回戦のような劣勢に対処しなければならないこともなく、マレーは比較的すんなりとワウリンカを破ると、慣れ親しんだ相手に対する10度目のグランドスラム決勝に進んだ。

 マレーは5月15日、ジョコビッチは5月22日、ふたりは一週間違いで生まれ、ジュニア時代に知り合った。現在はともに29歳だ。

 日曜日に行われる試合は、彼らの34度目の対戦となる。対戦成績はジョコビッチの27勝10敗。グランドスラムでは7度目の対戦となり、ジョコビッチが4勝2敗でリードしている。マレーは全米オープンとウィンブルドンで1度ずつ勝っている。

 ただしマレーは、もっとも最近の対戦でジョコビッチに勝った。先月のローマの大会、レッドクレー上でのことだ。

「きっと多くの感動と、ベースラインからのラリーに溢れた決勝になるだろう。僕らは似たプレースタイルを持つからね」とジョコビッチ。「僕は彼のテニスを、彼は僕のテニスを熟知しているんだよ」。

(C)AP(テニスマガジン)

最終更新:6月4日(土)20時49分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]