ここから本文です

ジョコビッチ、22歳ティエムを称賛 「次世代を担う選手」<男子テニス>

tennis365.net 6月4日(土)14時20分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会13日目の3日、男子シングルス準決勝が行われ、第13シードのD・ティエム(オーストリア)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)の前に2-6, 1-6, 4-6のストレートで敗れたが、その将来性を大きく感じさせる大会となった。

全仏オープン対戦表

対戦した世界ランク1位のジョコビッチも22歳のティエムを「彼が今回のようなプレーを続けるのであれば、これからはより一層対戦することが増えるだろう。」と、言い表していたほど。

「彼はコートの中でも外でも、その年齢にしてとても良い振る舞いをしている。彼は次世代を担う選手。テニスもとてもパワフルで、しかもバラエティーに富んだプレーもしている。」と称賛していた。

これまでグランドスラムに10度出場して、4回戦の壁を越えられなかったティエムは、自身初となる準決勝の舞台でジョコビッチの凄さを痛感させられる敗戦となってしまった。

ジョコビッチに握られた13回のブレークポイントを7回はね除け、27本のウィナーを記録したティエムだったが、ジョコビッチを打ち砕くには全く足りなかった。しかし今大会でティエムは、今季ここまでのATPツアーで3度の優勝を飾る好調ぶりを持続させ、今後の活躍にも期待される選手であることを証明した。

「今日のジョコビッチは強すぎた。それだけしか言えない。だがこの敗戦は、これからもより練習に励もうという気持ちにさせてくれた。」とティエムは試合後に素直な気持ちを述べていた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月4日(土)14時20分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]