ここから本文です

【MLB】イチローが足で存在感 二盗&三盗で1年ぶり1試合2盗塁 マ軍は連勝止まる

Full-Count 6月4日(土)11時7分配信

代打で出場、今季初1試合2盗塁で5盗塁目

 マーリンズのイチロー外野手が3日(日本時間4日)の本拠地メッツ戦で代打で出場し、“足”で存在感を発揮した。7回に代打で出場し、二盗と三盗に成功。1試合2盗塁は約1年ぶりで今季5盗塁目となった。一方、この日快音は残せず、メジャー通算2965安打で3000安打までは残り35本と変わらず。マーリンズは2-6で敗れて連勝は3でストップした。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 前日2安打を放つなど走攻守で活躍したイチローだが、この日はベンチスタート。出番が巡ってきたのは2点ビハインドの7回だった。

 1死一塁の場面で相手先発右腕シンダーガードの前に二ゴロに倒れたが、併殺を免れ、一塁へ。すると直後に二盗を成功させると、一、二塁からダブルスチールで三盗にも成功。二、三塁とチャンスを広げた。ディートリッチが三振に倒れて得点には至らなかったが、ベテランが見せる走塁に本拠地も沸いた。その後は守備に就かず交代した。

 イチローの1試合2盗塁は今季初で、昨年5月3日のフィリーズ戦以来、約1年ぶり。前日2日に日米通算700盗塁の金字塔にも到達しており、42歳にしてなお高い走塁技術と脚力を見せ続けている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月4日(土)11時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]