ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、5回2/3を3失点 2勝目の権利を持って降板

Full-Count 6月4日(土)11時19分配信

最速158キロ計時 青木を封じるも李大浩は右前打

 今季2勝目を目指すレンジャーズのダルビッシュ有投手が、3日(日本時間4日)に本拠地でのマリナーズ戦に先発し、5回2/3を投げて6安打3失点(自責3)とし、勝利投手の権利を持って降板した。

ダルビッシュ有らの渡米後の成績は? ここ2年でMLBで先発した主な日本人投手の成績比較

 右ひじ靱帯再建手術復帰後2戦目となったこの日。初回は、意外にもメジャー初対戦だった青木宣親を2球目でレフトフライに打ち取ると、わずか10球で3者凡退。直後の攻撃で頼れる4番ベルトレが10号先制3ランを放ち、援護射撃を受けた。

 2回は1死からシーガーにセンター前安打されるが、落ち着いたマウンドさばきで慌てることはない。2死一塁の場面で元ソフトバンクの李大浩を打席に迎え、挑んだのは正々堂々の直球勝負。初球は外角低めの時速97マイル(約156キロ)直球がボールとなると、2球目は外角96マイル(約154キロ)の直球で空振り、最後は内角低めに投じた95マイル(約153キロ)の直球でショートゴロに打ち取った。

 3点リードで迎えた3回、先頭から四球、センター前安打で無死一、二塁となった場面で、再び青木と対戦。1ストライクから2球目外角ツーシームで遊撃へのゴロに打ち取った。これで1死一、三塁としたところで、2番スミスにレフトへの犠牲フライを打たれて1失点した。

 味方が2点追加に成功した直後の4回は、再び10球で3者凡退とした。続く5回は先頭だった李にライト前安打された後、クレベンジャーの左翼フェンス直撃二塁打で無死二、三塁のピンチを迎える。続くサルディーナスの遊撃ゴロの間に1点を失い、なおも1死三塁。続く青木を7球目内角スライダーで空振り三振に仕留めると、2番スミスにライト前に抜けそうな痛烈な打球を浴びたが、二塁プロファーが飛びついて捕球。好守に助けられ、難を逃れた。

 73球を投げてマウンドに戻った6回は、先頭カノに左翼フェンス直撃二塁打を許した後、自らの暴投で無死三塁としてしまった。1死後にシーガーのライト前適時打で3失点目。続くリンドを一塁ゴロに打ち取ったところで、バニスター監督が登場し、88球(56ストライク)で降板した。5回2/3を投げて6安打5奪三振1四球で3失点(自責3)、防御率は3.38となった。
 
 この日の最速は3回にカノの打席で投げた98マイル(約158キロ)だった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月4日(土)11時26分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]