ここから本文です

「バーディ、毎年同じことを繰り返す敗者に行くな」 リネカー氏がバーディのアーセナル移籍に待った

theWORLD(ザ・ワールド) 6月4日(土)17時41分配信

レスター残留を望む

今季前線の選手が思うように得点を決められなかったアーセナルは、来季こそ悲願のリーグ制覇を達成するためにストライカー獲得を狙っている。これまで噂されてきたのはユヴェントスでプレイするアルバロ・モラタだったが、ここにきてレスター・シティを優勝に導いたジェイミー・バーディの名前も浮上している。

バーディには2000万ポンドの契約解除金が設定されており、アーセナルはこれを支払う準備があるという。バーディが今季リーグ戦で24得点を奪ったことを考えれば、この値段はお得だろう。

しかし、かつてレスターでプレイしたゲイリー・リネカー氏はアーセナル移籍に反対している。英『METRO』によると、リネカー氏はアーセナル移籍の話題について、「王者に残れバーディ。毎年同じことを繰り返す敗者に行くな」とアーセナルを口撃。チームの絶対的なエースストライカー残留を望んでいる。

バーディやリヤド・マフレズ、エンゴロ・カンテは欧州の複数クラブから狙われる逸材だが、来季レスターがチャンピオンズリーグに参戦することを考えればもう1シーズン残るのも悪い選択ではない。

サポーターも最低1シーズンは残って欲しいと考えているはずだが、バーディはリネカー氏の言葉通り王者レスターに残るか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月4日(土)17時41分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。