ここから本文です

全仏OPジュニア、相川真侑花組は決勝進出ならず<女子テニス>

tennis365.net 6月4日(土)20時14分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会14日目の4日、ジュニアの女子ダブルス準決勝が行われ、相川真侑花(東京/ テニスユナイテッド)/ Y・In-Albon(スイス)組はP・Arias・Manjon(スペイン)/ D・lovic(セルビア)組に3-6, 3-6のストレートで敗れ、決勝進出とならなかった。

清水悠太 複で第1シード破る

その他の日本勢では宮本愛弓(千葉県/ ローズヒルテニスクラブ)/ 村松千裕(千葉県/ 吉田記念テニス研修センター)組は準々決勝敗退、内藤祐希(東京都/ TEAM YONEZAWA)/ 清水綾乃(群馬県/ 高崎テニスクラブ)組、第7シードの本玉真唯(神奈川県/ S.ONEグリーンテニスクラブ)/ W・Zheng(中国)組は初戦で敗れた。

シングルスでは本玉が2回戦へ進出したが、内藤、清水、宮本、村松は1回戦で敗れた。

tennis365.net

最終更新:6月4日(土)22時20分

tennis365.net