ここから本文です

プランA、プランBともにベルギー代表 チェルシーがベルギー産ストライカーに照準

theWORLD(ザ・ワールド) 6月4日(土)17時53分配信

大人気のプランAと、今季評価を下げたプランB

来季からチェルシーを率いるアントニオ・コンテは、前線に加える新戦力としてベルギー代表の大型FW2人に注目している。

チェルシーのトップターゲットに挙がっているのは、かつてチェルシーでプレイしていた現エヴァートンFWロメロ・ルカクだ。ルカク本人もステップアップを希望しており、タイトルを獲得できるクラブに移籍したい考えを明かしている。チェルシーがタイトルを獲れるクラブかは定かでないが、ステップアップになるのは間違いない。

しかしルカクはバイエルンやマンチェスター・ユナイテッドも興味を示す人気銘柄で、獲得は容易ではない。では、大人気のルカクを逃した場合チェルシーはどう動くのか。

英『Daily Mail』は、プランBとしてリヴァプールでプレイするベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケをリストアップしていると報じた。ベンテケは昨夏に3250万ポンドの移籍金でリヴァプールへ移籍したものの、ユルゲン・クロップのスタイルに適応できないままシーズンが終了。今夏の移籍も噂されている。

チェルシーは今季ベンテケがリヴァプールで苦しいシーズンを過ごしたこともあり、3250万ポンド以下でベンテケを獲得できると考えている。エヴァートンはルカクの売却に6500万ポンドを要求しているため、それと比較すればベンテケの移籍金はかなり安い。

プランA、Bともにベルギー代表ストライカーを狙う形となったが、果たしてどちらのプランになるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月4日(土)17時53分

theWORLD(ザ・ワールド)