ここから本文です

日ハム陽岱鋼が先制タイムリー 西川に感謝「遥輝の走塁も大きかった」

Full-Count 6月4日(土)14時58分配信

2試合ぶりの打点となる適時二塁打

 日本ハムの陽岱鋼外野手が4日の巨人戦(東京ドーム)で先制タイムリーを放った。

 初回1死三塁。1ボール2ストライクと追い込まれたが、左腕・今村の真ん中に入る141キロ直球を逆らわずに一塁線へ打ち返した。前夜は5番だったが、この日は3番スタメン。2試合ぶり打点となる適時二塁打で先制点を奪った。

 初回は先頭・西川が、左翼・大田が打球処理にもたつく間に左前安打を二塁打に。失策はつかなかったが、相手のスキをつく走塁でつかんだチャンスだった。陽岱鋼は「2ストライクに追い込まれたから、三振だけは避けたいと思って、なんとかバットに当てることを考えてました。(西川)遥輝の走塁も大きかった。先頭がシングルで出るのと二塁打で出るのでは全然違う」とコメントした。

 初回1死一、二塁では今村のワンバウンドするスライダーをはじいた捕手・小林誠がボールを見失う間に二塁から一気に本塁生還した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月4日(土)14時58分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]