ここから本文です

DeNA今永、3回5失点KO 今季57試合目で初めて先発投手が5回投げきれず

Full-Count 6月4日(土)15時26分配信

12球団1位のチーム防御率を誇るDeNA、ここまで安定感抜群のルーキーが…

 DeNAのドラフト1位ルーキー今永昇太投手が4日、本拠地での交流戦・ロッテ戦で3回7安打5失点と打ち込まれ、KOされた。DeNAの先発投手が5回持たずに降板したのは、今季57試合目で初となった。

 今永は初回、先頭の加藤にヒットを許すと、1死二塁となってから角中にライトへの先制タイムリーを浴びた。打線はその裏、宮崎のソロですぐに同点に追いつくと、2回の今永は2死から田村にヒットを打たれながら、チェンを見逃し三振に仕留める。

 しかし、3回につかまった。2死から角中、ナバーロに連続四球。すると、清田に勝ち越しタイムリーを浴びた。ここから、鈴木、細谷、田村にも打たれ、4連続タイムリーで5失点。最後はピッチャーのチェンを見逃し三振に仕留めたものの、この回までに5失点。その裏の攻撃で代打を送られ、1-5と4点のリードを許した状態で降板となった。4回からはドラフト2位の熊原が登板した。

 この試合の前まで12球団トップのチーム防御率3.09を誇っていたDeNA。しかし、ここまで安定感抜群だったルーキーがパ・リーグ2位のロッテ打線に打ち崩され、今季57試合目で始めて先発投手が5回を投げきれなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月4日(土)15時26分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]