ここから本文です

巨人が6連勝で首位浮上 阿部が決勝弾、宮國は3回パーフェクトで今季初勝利

Full-Count 6月4日(土)17時12分配信

引き分けの広島を勝率で抜いてゲーム差なしの首位

 巨人が日本ハムに5-4で勝利。6連勝で首位に浮上した。

 先発の今村は初回、陽岱鋼にタイムリーを浴びて先制を許す。さらに、暴投で2点目を失うと、田中賢にはレフトへのタイムリーを打たれ、いきなり3点を失った。

 しかし、その裏、巨人は長野の遊ゴロの間に1点を返し、2死一、二塁でクルーズがメンドーサから3ラン。あっという間に逆転に成功した。

 3回、今村は中田にソロを浴び、同点とされる。その後は両チーム無得点が続いたが、5回から登板した巨人2番手・宮國が好投でリズムを作った。すると、6回、阿部が日本ハムの中継ぎ右腕・谷元から右翼席へ叩き込む完璧な一撃。値千金の勝ち越しソロで、再びリードを奪った。

 宮國は7回まで3イニング連続3者凡退のパーフェクト投球。8回は3番手・西村が無死満塁のピンチを招くも、後続を断って無失点で切り抜けた。9回は山口が締めて、5-4で勝利。宮國に今季初勝利がつき、6連勝を飾った。

 降雨コールドでソフトバンクと引き分けに終わった広島を勝率で抜き、ゲーム差なしの首位に浮上。交流戦前には7連敗を喫した巨人が、完全に勢いを取り戻した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月4日(土)17時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)