ここから本文です

【MLB】イチロー、二盗&三盗 米メディアは配球読む“野球脳”を称賛

Full-Count 6月4日(土)18時33分配信

ニゴロに倒れるも、剛腕シンダーガードから「当然のように」2盗塁

 マーリンズのイチロー外野手は3日(日本時間4日)、本拠地メッツ戦の7回に代打で登場。ニゴロに倒れたものの、併殺を免れて一塁に残り、二盗と三盗に成功して今季5盗塁とした。現地解説者は、メッツバッテリーの配球を読んだイチローの「偉大な“野球脳”」を絶賛している。試合は2-6でマーリンズが敗れた。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 前日のパイレーツ戦では2安打1盗塁に加え、2度のスーパーキャッチで勝利に貢献したイチローはこの日、代打で出場。2点を追う7回1死一塁の場面で、剛腕シンダーガードの時速89マイル(約143キロ)のチェンジアップに二ゴロに倒れながら、併殺は免れた。

 ただ、イチローの見せ場はこの後にあった。続くリアルミュートの打席で二盗に成功。「FOXスポーツ・フロリダ」の実況は「当然のように盗塁です」と伝えると、シンダーガードがこれで今季19回中16回も盗塁成功を許したというデータを紹介した。メジャーを席巻中の右腕は、デビューした昨年も走者に盗塁を16回試みられ、捕手が刺せたのは1度しかなかった。

 その後、リアルミュートが四球を選び、二塁に進んだイチローは、更に仕掛ける。ディートリッチの打席で初球にスタートを切ると、一塁走者のリアルミュートも続いてダブルスチールに成功。マーリンズOBの解説者で、元外野手のプレストン・ウィルソン氏は、イチローの連続スチール成功の裏に、圧倒的な“野球脳”を見て取っていた。

「イチローの偉大なまでのベースボール・インテリジェンス」

「(イチローもリアルミュートも)どちらも最高のスタートです。思い出してください。ディートリッチは最初の2打席で最初のボールを振っています。前回打席は変化球にバントを試みました。ですから、シンダーガードが初球に変化球を投げる可能性が高かったわけです。イチローの偉大なまでのベースボール・インテリジェンスです。そこにリアルミュートが続いて、いい仕事をしたわけです」

 元々、走者に対して隙の多いシンダーガードが初球に変化球から入る可能性をイチローはこれまでのディートリッチの打席から分析していたと指摘。メジャー屈指の剛腕はこの7回も99マイル(約159キロ)を連発していたが、ディートリッチへの初球は81マイル(約130キロ)のカーブだった。結局、この一球はストライクゾーンを大きく外してワンバウンドし、イチローは悠々セーフとなった。

 結果的にディートリッチは三振に倒れ、イチローは生還できなかった。だが、2度の盗塁の裏にあったイチローの知性は、現地の解説者をうならせていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月4日(土)19時36分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]