ここから本文です

広島は降雨コールドで引き分け 緒方監督は好投の岡田を称賛「いい投球」

Full-Count 6月4日(土)19時4分配信

ソフトバンク相手に5回4安打1失点、「早く勝ち星をプレゼントしてあげたい」

 広島は4日、マツダスタジアムで行われたソフトバンク戦に1-1で引き分けた。試合開始前から降り続けた雨のため、5回終了時に雨天コールドゲームとなった。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 試合後の緒方監督は、なかなか勝ち星に恵まれない先発の岡田を褒めた。

「岡田はここのところ、先発していい投球をしているが、今日もしっかりとゲームを作ってくれた。しっかりしたボールを、確率よく投げられるようになったね」

 5回を投げて4安打1失点。貯金20でパ・リーグの首位をひた走る相手に、堂々とした投球を見せた。最近3試合でも、すべて6回を投げて2失点と好投しているが、プロ初勝利には届いていない。「岡田が投げる試合は、これまでも打線が援護できていない。なんとか早く勝ち星をプレゼントしてあげたい」と次戦に期待した。

 わずか2安打に終わった攻撃陣には、不安も示した。同点に追いついた4回には、無死一、三塁としたが、松山の内野ゴロによる1点のみに終わった。「4回は1点とは言わず、2、3点の攻撃がしたかった。これまではそれができていたんだけど、今は打線が下降気味だしね」と声を落とした。

 5回コールドに終わり、貯金を増やすことはできなかったが、「このコンディションだし、主力に怪我でも出るのが一番怖いからね。よく5回までやったな、という感じだよ」と諦めたような様子で、「また明日、6連戦の最後なので(中村)恭平に期待しましょう」と、気持ちは明日に向いていた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6月4日(土)19時4分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月2日(日)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。