ここから本文です

巨人首位浮上、DeNA筒香サヨナラ弾、オリックス中島決勝打…4日のプロ野球

Full-Count 6月4日(土)22時54分配信

楽天釜田が2勝目、阪神メッセ10Kで5勝目、巨人宮國は今季初勝利

 プロ野球は4日、各地でセ・パ交流戦6試合が行われた。楽天は中日に快勝して2連勝。初回に中日先発・大野の失策で1点を先制すると、ウィーラー、中川のニゴロの間にそれぞれ1得点。3四球という大野の制球難に乗じ、ノーヒットで3点を先制した。投げては先発・釜田が6回無失点と好投すると、救援陣も無失点リレーでそのまま3-0で勝利。釜田が2勝目を挙げた。中日は復帰戦となった大野が初回に乱れ、打線も沈黙。3連敗となった。

巨人が首位浮上、DeNAは勝率5割に…2016年 NPB順位表

 DeNAは主砲・筒香の活躍で2連勝。先発・今永がロッテ打線につかまり、3回までに1-5とリードを許すも、4回に筒香が3ラン。続くロペスが同点ソロを放った。その後は両チームの救援陣が好投したが、延長10回に筒香がこの日2本目の本塁打となるサヨナラ弾で試合を決めた。ロッテは西野が3敗目を喫した。広島とソフトバンクは、試合前から振り続けた雨の影響で5回コールドとなり、引き分けに終わった。広島岡田、ソフトバンク千賀と両先発が好投してたが、勝ち星を手に出来なかった。

 阪神は先発メッセンジャーが7回6安打1失点10奪三振と好投し5勝目。打線は初回に福留のタイムリー、ゴメスの犠飛で2点を先制すると、3回は高山、今成がタイムリー。8回にはゴメスがダメ押しのタイムリーを放ち、試合を決めた。西武は先発・多和田が4回4失点(自責3)と粘れなかった。

 巨人は日本ハムに競り勝ち、6連勝で広島をかわして首位に浮上した。初回に3点を先制されるも、その裏にクルーズの3ランなどですぐさま逆転。同点となって迎えた6回には阿部が今季2号となる決勝ソロを右翼席へ突き刺した。5回から登板し、3イニングをパーフェクトに抑えた宮國が今季初勝利。日本ハムは3回に好調の中田が同点ソロを放ったが、2番手・谷元が決勝弾を浴びた。

 オリックスはヤクルトに競り勝った。初回にT-岡田の3ランで先制。同点とされた6回には中島のタイムリーで勝ち越すと、7回に糸井の8号ソロで貴重な追加点を奪った。6回に登板し、1イニングを無失点に抑えた吉田一が2日連続の勝利投手。ヤクルトは先発・山中が6回途中5失点と乱れた。


【交流戦】
◇中日 0-3 楽天(ナゴヤドーム)
勝 釜田(2勝3敗)
敗 大野(2勝2敗)
S 松井裕(0勝3敗10S)

◇DeNA 6×-5 ロッテ(横浜)
勝 三上(1勝0敗)
敗 西野(3勝3敗12セーブ)
HR【D】宮崎3号、筒香13、14号、ロペス14号

◇広島 1-1 ソフトバンク(マツダスタジアム)

◇阪神 5-1 西武(甲子園)
勝 メッセンジャー(5勝4敗)
敗 多和田(0勝2敗)

◇巨人 5-4 日本ハム(東京ドーム)
勝 宮國(1勝0敗)
敗 谷元(1勝2敗)
S 山口(0勝2敗1S)
HR【巨】クルーズ6号、阿部2号【日】中田11号

◇ヤクルト 4-6 オリックス(神宮)
勝 吉田一(3勝0敗1セーブ)
敗 山中(2勝4敗)
S 平野(1勝3敗11セーブ)
HR【ヤ】飯原3号【オ】T-岡田10号、糸井8号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月4日(土)23時5分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報