ここから本文です

『グランツーリスモSPORT』日本向け発表会開催。価格とパッケージが明らかに

オートスポーツweb 6月4日(土)20時51分配信

 6月4日、渋谷ヒカリエで11月15日発売予定のプレイステーション4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』の発表会が行われ、日本で初めての概要説明、そして日本における価格とパッケージの説明がなされた。

【首都高がモチーフの『東京エクスプレスウェイ』画像】

 世界中で評価を得ているリアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモ』シリーズの最新作となる『グランツーリスモSPORT』。すでに5月19日、イギリスのロンドンで開催されたアンベイルイベントで多くの概要が発表されたが、この日はシリーズプロデューサーである山内一典氏によって、改めて日本語概要が説明された。

■車種・コースはPS4対応で全面リニューアル
 今回の『グランツーリスモSPORT』は、山内氏によれば「『グランツーリスモ1』以来のレースゲームでのイノベーション」という新たな作品となる。プラットフォームがプレイステーション4に変更されることもあり、収録車種、コースもすべてポリフォニー・デジタル社の内製となり、これまでのデータがすべて作り直され、「史上最もクオリティが高い」内容となっている。これらはすでにティザー映像等でもうかがい知ることができる。

 また、後述の“チャンピオンシップ”に対応するべく、収録車種はパフォーマンスによってグループ化。実際のレースのように、性能調整(BoP)が施される。車種台数は140台で、すべて内装・外装とも高いクオリティで作り込まれているという。コースについては、発売時19ロケーション、27レイアウトが用意される。初登場となるハーフマイルオーバルや、日本の首都高速をモチーフとしたコース、復活となるダートトラック等がPS4クオリティで用意される。

■「小さな達成感」を。世界を相手に戦うチャンピオンシップ
 プレイモードは、これまで同様のアーケードモードのほかに、新たなモードが用意される。「レースゲームを初めてプレイする方のためのモード」という、プレイするごとに習熟することができ、コースも少しずつ覚えることができる『キャンペーンモード』が収録される。また、後述のチャンピオンシップのために、現時同様のサーキットでのマナーを覚えることができる『エチケットモード』という機能も。

 そして、この『グランツーリスモSPORT』の最大の特徴でもある、『スポーツモード』についても説明された。山内プロデューサーによれば、このモードは「グランツーリスモが考えるモータースポーツの未来」だ。

 FIA国際自動車連盟とグランツーリスモのコラボレーションにより、国別対抗戦の『ネイションズカップ』と自動車メーカーを選んで参戦する『マニュファクチャラーファンカップ』のふたつが開催されることが発表されているが、山内プロデューサーいわく「そのふたつがフラッグシップですが、それだけではない」とのこと。

 最終的には世界一を決めるワールドチャンピオンシップに到達することになるのだが、山内プロデューサーが強調したのは「ニュルブルクリンク24時間では、トロフィーの数が参戦車両と同じくらいあるんです。何かしらを持ち帰ることができる。このモードでも、年齢と地域のマトリクスで、毎週たくさんのウイナーが生まれ、小さな達成感を積み上げていってほしい」ということだ。コンセプトにあるとおり、“7歳から77歳まで”が楽しめるeスポーツとなっている。

■本物のライセンスも取得可能。モータースポーツを盛り上げ
 また、グランツーリスモ内では一定の基準を満たしたり、チャンピオンシップで一定の成績を収めると、本物のモータースポーツライセンスを入手することができる。これについても、現段階でイギリスや中国、インド等25カ国ACNが参加を発表している。

「実際にモータースポーツをやってみようとすると、今はかなり敷居が高い。これを下げようと。また、リアルのモータースポーツに参加する人口がほとんどの国で減ってきている。これをなんとか食い止めたいと思っている。リアルのモータースポーツをもっともっと盛り上げたい」と山内プロデューサー。

 このなかに、まだ日本が入っていないが、これについては「現段階でこれだけの国の参加が発表できたのは、逆に驚いている。11月の発売までにどんどん増えていくと思うので、悲観していません」とのこと。

■「モータースポーツのこれからの50年」を作り上げるために
 その他にも、『カーショップ』も、『ブランドセントラル』という名に改められ、まるで実車を買いに行くかのようにショールームが用意され、マシンを選ぶことができるほか、自動車メーカーから提供されるクールなプロモーションビデオを視聴することができたり、多くのサンプルが提示された写真を撮影することができる『Scapes』では、実際の写真を上回るクオリティのような写真を撮影することができる。

 プレイステーション4に対応した驚くべきグラフィックス、さらにモータースポーツの世界を一変させるかのような『スポーツモード』、ライセンス、さらにクルマ雑誌の写真の撮り方すら変えてしまいそうな『Scapes』と、『グランツーリスモSPORT』では「モータースポーツのこれからの50年」を作り上げるための新たな基軸が満載となっている。

 そんな『グランツーリスモSPORT』だが、この日日本で初めての試遊、そして価格とパッケージの内容が公開された。通常版、リミテッドエディション(初回限定)のふたつのパッケージが用意される予定で、限定版には、クルマの歴史『Scapes』を使ったフォトギャラリー等、さまざまな読み物がついたA4サイズの本が付属してくる。通常版希望小売価格は6,900円+税、リミテッドエディション希望小売価格は9,900円+税となっている。リミテッドエディションには、カラーリングに使用できるリバリーステッカーパック等、特典つきだ。

 実際に試遊してみると、Gがないのが逆に気持ち悪いくらいのグラフィックにただただ圧倒されるばかりだった。ドライブフィールについては今後も発売までに改良されていくとのことだったが、非常に素直にドライブできる印象だった。

 クルマ好き、モータースポーツ好きにとって、購入はマストだろう。11月までに環境を整えておくことをお勧めしたい。

© Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.
Produced under license of Ferrari Spa. The name FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are property of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari Spa property under design, trademark and trade dress regulations

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月4日(土)20時54分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。