ここから本文です

オダギリ&蒼井が函館の夜を駆け抜ける 『オーバー・フェンス』美しい特報解禁

クランクイン! 6月4日(土)13時0分配信

 オダギリジョー、蒼井優、松田翔太の豪華キャストが共演、佐藤泰志原作の“函館三部作”の最終章にあたる映画『オーバー・フェンス』が9月17日に公開されることが決定。今回、オダギリがナレーションを務めた美しさが際立つ特報映像と、新しいビジュアルも解禁された。

【関連】「オダギリジョー」フォトギャラリー


 『海炭市叙景』(10)、『そこのみにて光輝く』(14)に続く、作家・佐藤泰志原作の“函館三部作”の最終章となる本作。佐藤氏が執筆活動を諦めかけた頃、函館の職業訓練校にて過ごした経験をもとに執筆し、生涯最後の芥川賞の候補となった同名小説を、『マイ・バック・ページ』『味園ユニバース』などの山下敦弘監督が映像化している。

 主人公・白岩役にオダギリジョー、白岩と恋に落ちる女性・聡(さとし)役に蒼井優、白岩と同じ職業訓練校の生徒・代島役に松田翔太など豪華キャストが出演。脚本、音楽、撮影、照明は、国内外で高く評価された『そこのみにて光輝く』のスタッフ陣が再集結している。

 特報映像では、人生を諦めかけ職業訓練校に通う白岩と、愛を求め続けるホステスの聡が、自転車に二人乗りをして函館の夜を駆け抜ける。聡の手からは白い羽が宙に舞い、二人の甘い時間にうっとり。新ビジュアルでは、自転車に二人乗りする白岩と聡の写真、もう一面は、オダギリ、蒼井、松田の3人が何かを見つめている写真で“両A面”となっている。

 家庭を顧みなかった男・白岩は、妻に見限られ、故郷の函館に戻り職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていたある日、連れていかれたキャバクラで風変りな若いホステス・聡と出会う。どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていく。

最終更新:6月4日(土)13時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。