ここから本文です

セ主催試合…パ・リーグ各球団の指名打者たちはどのように起用された?

ベースボールキング 6月4日(土)8時30分配信

 5月31日に交流戦が開幕。最初のカードはパ・リーグ主催試合ということもあり、指名打者制が採用されていた。6月3日からの3連戦はセ・リーグ主催試合。そこで、パ・リーグ各球団の指名打者最多出場選手たちが、どのような形で出場していたのか見ていきたい。

 開幕から「4番・指名打者」で出場を続けていたロッテのデスパイネは、3日のDeNA戦、「4番・左翼」で出場した。開幕してから全て指名打者で出場していたデスパイネだが、2日に行われた広島戦では、大量リードしていたこともあり、9回に指名打者を解除して左翼の守備に就いていた。

 前日に続いて今季2度目の守備機会となったDeNA戦では、失点に繋がるミスもなく、無難にこなす。打撃でも、5月14日の楽天戦以来となる猛打賞の活躍。8回にはチーム唯一の得点となるタイムリーを放った。チームは敗れたが、4打数3安打1打点と気を吐いた。

 その他の選手はというと、長谷川勇也(ソフトバンク)が代打で出場するも見逃し三振。大谷翔平(日本ハム)、中村剛也(西武)、中島宏之(オリックス)は出場機会なし。楽天は退団したゴームズが指名打者で最も多く出場していたため、当然出番はなし。ゴームズに次いで指名打者での出場が多いウィーラーは、「4番・三塁」で出場し、第1打席で9号ソロを放っている。

【指名打者最多出場選手の26日の打撃成績】
●ソフトバンク
長谷川勇也
DH出場数:39試合
打順・守備:代打
昨日成績:1打数0安打

●日本ハム
大谷翔平
DH出場数:24試合
出場なし

●ロッテ
デスパイネ
DH出場数:54試合
打順・守備:4番・左翼
昨日成績:4打数3安打

●西武
中村剛也
DH出場数:46試合
出場なし

●オリックス
中島宏之
DH出場数:17試合
出場なし

●楽天
ゴームズ
DH出場数:18試合
退団

BASEBALL KING

最終更新:6月4日(土)8時33分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]