ここから本文です

ドジャース前田、7回途中2失点で5勝目 新人シーガーが3打席連発!

ベースボールキング 6月4日(土)14時9分配信

○ ドジャース 4 - 2 ブレーブス ●
<現地時間6月3日 ドジャー・スタジアム>

 ドジャースの前田健太が現地時間3日(日本時間4日)、本拠地でのブレーブス戦で5勝目(3敗)をマーク。立ち上がりこそ不安定だったが、7回途中を2失点にまとめチームの連敗を2で止めた。

 前田は4勝目を挙げた5月28日のメッツ戦で、打球が右手を直撃。患部の状態が不安視されていたが、中5日で先発マウンドへ上がった。

 初回は二死から四球と暴投でピンチを迎えると、4番ガルシアに左前適時打を許し失点。2回は一死二塁から投手の8番テヘランに右前打で繋がれると、9番スミスに2失点目となる中前適時打を許した。

 だが、ここから修正力を発揮。3回は三者凡退に抑えると、4回は一死一塁の場面で再び投手のテヘランが打席へ。送りバントの打球が一塁方面への小フライになると、これを前田が素早く好捕。そのままジャンピングスローで一塁へ送球し、併殺でピンチを未然に防いだ。

 するとその裏、ドジャースは2番シーガーが反撃の狼煙となる10号ソロを右翼席へ。続く5回にも7番トンプソンが9号ソロを放ち試合を振り出しに戻した。

 前田は5回に二死一、二塁のピンチを招くも、先制打を許しているガルシアを空振り三振。6回はこの試合2度目の三者凡退で切り抜けると、7回は先頭打者をしっかりと打ち取り、後続にマウンドを譲った。

 前田はメジャー移籍後最多の107球を投げ、6回1/3を6安打、5三振、2四球の内容。立ち上がりに苦しみながらも先発の役割を果たし、防御率を2.84とした。

 ドジャースは6回裏にシーガーが2打席連発となる11号ソロを放ち勝ち越し。止まらない新人王候補は、8回にも4点目となる12号ソロを左翼席へ運び、本拠地ファンから喝采を浴びた。

BASEBALL KING

最終更新:6月4日(土)14時21分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。