ここから本文です

これぞ実力のパ?交流戦で打ち込まれたセの若きサウスポーたち

ベースボールキング 6月4日(土)18時0分配信

 交流戦前まで安定感抜群の投球を見せていたセ・リーグ左の先発投手が打ち込まれている。

 3日の西武戦に先発した岩貞祐太(阪神)がその一人だ。岩貞は3日の試合前まで、リーグ2位の防御率0.88をマークし、1試合の最多失点は5月14日のDeNA戦に先発した3失点だった。しかし、3日の西武戦では2回まで無失点に抑えるも、0-0で迎えた3回二死から2つの四球と安打で満塁のピンチを招くと、4番のメヒアに第18号グランドスラムを浴びる。5回には栗山巧にタイムリー三塁打を打たれ、6回には鬼崎裕司、秋山翔吾にタイムリーを許すなど6回途中9失点でノックアウト。5月27日の巨人戦では、エース・菅野智之に投げ勝ち、自身初となる完封勝利を収めていただけに、“まさか”の敗戦となった。

 5月に月間4勝を挙げた石田健大、今永昇太のDeNAサウスポーコンビも、パ・リーグ打線の餌食となった。5月4試合に登板して、月間防御率0.33の成績を残した石田は、1日の西武戦に先発。5回まで走者を出しながらも無失点で切り抜けていたが、6回に2つの四球で無死一、二塁とされると、メヒアのタイムリーで先制を許す。続く中村剛也にレフト前に運ばれ、満塁のピンチを背負うと、浅村栄斗にライトスタンドへ満塁弾を浴びた。4月3日の阪神戦以来の5失点で、今季2敗目を喫した。

 4日のロッテ戦に先発したルーキーの今永も、5月6日の広島戦から自身4連勝中。さらに防御率も試合前まで1.66と安定していた。この日は本拠地・横浜の大声援を受けてマウンドとなったが、初回に角中勝也のタイムリーで先制点を献上。1-1で迎えた3回は二死から角中、ナバーロに連続四球を与えると、清田育宏に勝ち越しタイムリー。さらに鈴木大地、細谷圭、田村龍弘に連続タイムリーを浴び、この回4失点。結局、今永は3回に打席が回ってきたところで代打が送られ降板した。

 左の先発投手がパの打者に打ち込まれる中、田口麗斗(巨人)は白星を手にした。交流戦開幕戦となった5月31日のオリックス戦に先発した田口は、4回まで一人も走者を出さないパーフェクトピッチング。1点リードの5回に連続タイムリーで2点を失うも、6回表に阿部慎之助が逆転2ラン。その裏、得点圏に走者を背負ったが6回を2失点に抑え、今季3勝目を挙げた。

 好投を続けてきた若きサウスポーたちだが、6月に入り疲れが出てきているのも事実。もう一度ギアを入れ替え、交流戦前に見せた投球を披露したいところだ。

BASEBALL KING

最終更新:6月4日(土)18時38分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]