ここから本文です

交際宣言で吹っ切れた長友…一夜にして話題沸騰の「アモーレ」で流行語大賞を狙う?

SOCCER KING 6月4日(土)7時50分配信

 ブルガリア戦前日の2日に行った交際宣言で、サッカー界の話題を一気にさらった長友佑都(インテル)。交際相手の女優・平愛梨さんをイタリア語で「愛する人」を意味する「アモーレ」と称したことが大きな注目を集めている。

 日本代表でチームメイトの吉田麻也(サウサンプトン)は2日の練習後、長友に「こっちの世界に来るなら、いつでもウェルカム」と今後の“既婚者グループ”入りを歓迎していたが、あまりに「アモーレ」発言が広がってしまった現状に「(代表チーム内でも)『アモーレ』という単語は流行りつつあります。卑怯だよね、イタリア語を出すって。みんな知らないもん。英語で『ハニー』とか言ったらスベるじゃん、絶対」と苦笑い。吉田自身は3日のブルガリア戦でセンターバックながら2ゴールを挙げて大勝に貢献しており、「自分の『アモーレ』も来ていたんで良かった」と漏らして報道陣を笑わせた。

 ピッチ外で話題になった長友だが、この日はシャープな動きとアグレッシブな攻撃参加で十分な存在感を見せつけた。27分には柏木陽介(浦和レッズ)からのロングパスに抜け出し、「ちょっとトラップが延びてしまった」としながらも、前方へ持ち出した勢いを使って左足でピンポイントクロスを供給。これを中央で待つ香川真司(ドルトムント)が滞空時間の長いヘディングで叩き込んでチーム2点目を奪うことに成功した。「前日にかなりクロスの練習をしていた。早めのクロスが効果的という話だったので、早めに上げることを意識していた」という狙いが奏功し、香川とのコンビでゴールを陥れた形だ。

 これまでなかなか香川へのアシストがなかったが、ともに喜びと悔しさを味わってきた二人はプライベートでも仲がいいだけに、長友は「いい時も辛い時も一緒に乗り越えてきたので、真司にアシストすることができてうれしい」と喜びを隠さない。一方の香川は親友からの珍しいアシストに「今日はオレに浮気したんじゃない?」と冗談めかして絡んだというが、長友は試合後のミックスゾーンでそれを一蹴。「真司が喜ぶ姿を見られたのはうれしいけど、オレの『アモーレ』は一人だけ」と反論して爆笑を誘った。

 この日は交際相手の「アモーレ」こと平愛梨さんがスタジアム観戦。ピッチで撮影していたカメラマンによると、長友は選手入場後からずっと観客席の「アモーレ」を見つめており、それに気付いた一部のチームメートは笑いを堪えていたという。わざわざ豊田まで足を運んでくれた愛に応えるべく「いいプレーといい勝利を届けようという意気込みは強かった」という長友。大量7ゴールを奪って大勝を収めたチームも彼自身も、この日は出色のパフォーマンスだった。試合後に「(結果を出せて)ホッとしている」と安堵感を口にしていたが、スタンドで見守る「アモーレ」も同じ思いだったことだろう。

 試合中にはスタンドの子供たちが「アモーレ長友」と声を合わせる一幕も見られたが、これもしっかりと本人の耳にも届いていた模様。ファン・サポーターからチームメートまで、一夜にして「アモーレ」が各所で愛されるフレーズとなっている。

「(子供たちの声援は)めっちゃ聞こえてましたよ。試合中だったので真剣にやっていましたけど、心の中では笑ってました(笑)。みんながやたらと『アモーレ』を使うんですよね。今日のロッカールームでもみんな『アモーレ、アモーレ』って叫んでいたし、(吉田)麻也は『俺のアモーレも来ていたよ』とアピールしてきた。もう『アモーレ』が流行りそうですね。流行語大賞ですか? 狙えればありがたいですね」

 交際開始から約一年。隠し通してきた“秘密の愛”をオープンにしたことで、長友本人も「吹っ切れた部分はありますね」とリラックスした表情で心境を明かす。本職のサッカーでサポーターを喜ばせ、話題を集めるプライベートでも“吹っ切れたコメント”で周囲を笑顔にさせる。大勝を収めてポジティブな話題が目立つ日本代表にあって、最も幸せだったのは長友、そして「アモーレ」の平愛梨さんだったのかもしれない。

文=青山知雄

SOCCER KING

最終更新:6月4日(土)7時59分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]