ここから本文です

C・ロナウド、移籍の噂を一蹴「40歳を過ぎた頃にレアルで引退する」

SOCCER KING 6月4日(土)12時39分配信

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが今後の去就についてコメントした。3日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 5月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で優勝を果たして今シーズンの全日程を終え、地中海のイビサ島で休暇を満喫しているC・ロナウド。6月に開幕するユーロ2016に向けて、今週末にはポルトガル代表に合流する予定だという。現在レアル・マドリードとは2018年まで契約を結んでいるが、今夏に移籍するのではないかと一部のメディアで報じられていた。

 同紙のインタビューに応じたC・ロナウドは「“ウンデシマ(11回目のCL制覇)”を勝ち取ることができて、この上なく幸せだよ。今はユーロのことを考えている。ポルトガルの人たちに少しでも喜びをもたらしたいね、国民にはその資格があるんだから」と、CL優勝の喜びを噛み締めているとコメント。また、現在はユーロに向けて気持ちを切り替えていることも明かした。

 さらに「僕は40歳を過ぎた頃にレアル・マドリードで引退を迎えることになる。ここにいて幸せだし、そのために一生懸命頑張っているんだ」と、移籍の噂を一蹴し、レアル・マドリードで引退したいと口にした。

 31歳のC・ロナウドは、2009年にマンチェスター・Uからレアル・マドリードに加入し、来シーズンで8年目を迎える。4月には2021年まで契約を延長するのではないかと報じられるなど、今後の動向に注目が集まっている。

SOCCER KING

最終更新:6月4日(土)12時42分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。