ここから本文です

ドイツ代表エジル、ユーロと“ラマダン”の時期が重なるも「大会期間中の断食は不可能」

SOCCER KING 6月4日(土)13時52分配信

 サッカーと宗教、一見すると相関性が低いと思われる2つの単語だが、ユーロ2016に出場するイスラム教徒の選手にとっては切り離せない関係となる。というのも、今回のユーロの開催期間である6月10日から7月10日は、イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行う“ラマダン”の2016年の期間である6月6日から7月5日と殆ど時期が重なるからだ。

 今回のユーロの出場国の中では、とりわけドイツ代表などは、MFメスト・エジル(アーセナル)、MFサミ・ケディラ(ユヴェントス)、DFシュコドラン・ムスタフィ(バレンシア)、DFエムレ・ジャン(リヴァプール)とイスラム教徒が多い。

 とはいえ、信仰と健康のバランスを保たねばならないため、プロのアスリートは“ラマダン”の時期をずらすことが認められている。実際、敬虔なイスラム教徒として知られるエジルも、これまでの主要国際大会と同様に、今回のユーロでも開催期間中に断食は行わないことを、DFB(ドイツ・サッカー連盟)とのインタビューで明らかにしている。

「ユーロの開催時期は夏であり、気候がとても暑い。また、僕達は非常に密度の濃い練習と試合に臨む。従って、僕からすれば断食は不可能だ」

SOCCER KING

最終更新:6月4日(土)16時50分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]