ここから本文です

1年ぶりの代表戦でPKストップ!川島「ギリギリまで待った」

ゲキサカ 6月4日(土)1時44分配信

[6.3 キリン杯準決勝 日本7-2ブルガリア 豊田ス]

 大味な試合になりそうな展開で最後に締めた。約1年ぶりに日本代表のゴールマウスを守ったGK川島永嗣(ダンディー・U)が試合終了間際のピンチに見事、PKストップ。2失点したものの、随所に好セーブを見せ、自身の“代表復帰戦”を勝利で飾った。

「家族、チームメイトを含めて多くの人たちに支えられて、またここに戻って来ることができた。自分の努力は本当にちっぽけだと思うし、多くの人たちに支えられた力が大きかったと思う」

 昨夏にスタンダール・リエージュ(ベルギー)を退団後は約半年間、所属チームがないまま実戦を離れ、同時に日本代表からも遠ざかった。この日が昨年6月16日のW杯アジア2次予選・シンガポール戦(0-0)以来、約1年ぶりの代表戦。特別な感情がわかないはずがなかった。

 最初の見せ場は前半22分。ブルガリアはDFストラヒル・ポポフの右クロスからFWディミタル・ランゲロフがヘディングシュートを放つが、鋭い反応を見せた川島が左手1本で弾き出す。6-0と大量リードを奪ったあとに2点を失ったが、FW浅野拓磨のPKで7-2と再び突き放し、迎えた後半45分、FW原口元気が与えてしまったPKの場面で川島が立ちはだかった。

 MFゲオルギ・ミラノフが左足で右方向を狙ったキックを川島が横っ飛びでセーブ。「ギリギリまで待とうと思った。最初は右利きの選手が蹴るかなと思っていて、逆に行こうと思っていたけど、左利きの選手に変わったので、最後まで我慢しようと思ったら、ちょうどタイミングが合った」。完璧なセービングでゴールを死守。3点目を許さず、7-2のまま試合を締めくくった。

 ハリルホジッチ監督は「(川島)永嗣もよくやってくれた。2、3回、素晴らしいセーブを見せてくれた。特にPKだ」とねぎらったが、川島自身は満足していない。「勝ったことは良かったし、PKを止められたのも良かったけど、自分の中では2失点に納得しているわけでも何でもない」。そう力説した背番号1は「厳しい試合になれば、1点の重みが結果につながってくる。そういうところをもっと詰めていかないといけない」と、この先の戦いを見据えていた。

最終更新:6月4日(土)1時44分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]