ここから本文です

[総体]FW渡慶次が2得点1アシストの活躍!延長戦制した普天間が決勝進出!

ゲキサカ 6月4日(土)10時10分配信

[6.3 総体沖縄県予選準決勝 小禄高 1-3(延長)普天間高 沖縄県総合運動公園陸上競技場]

 3日、平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(広島)沖縄県予選準決勝が行われ、79年以来の全国大会出場を狙う小禄高と初優勝を目指す普天間高が激突。1-1で突入した延長戦にFW渡慶次一哲とFW石垣走のゴールで突き放した普天間が3-1で勝った。普天間は4日の決勝で那覇西高と戦う。

 渡慶次のポストプレーと右MF比嘉克伍を軸に攻める普天間は前半14分、MF宮城大芽のシュートのこぼれを渡慶次が押し込んで先制点を奪う。対する小禄は後半21分、FW普天間太志の左クロスを受けたFW金城大智が右足で決めて同点に追いつく。

 1-1で突入した延長戦を制したのは普天間だった。延長前半アディショナルタイム、普天間はMF山川竜輝の右CKを渡慶次が頭で合わせて勝ち越し。延長後半にも渡慶次が逸らしたボールで抜け出した交代出場FW石垣が決めて熱戦に決着をつけた。

[写真]渡慶次のゴールを喜ぶ普天間イレブン

最終更新:9月14日(水)17時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。