ここから本文です

前節の記録的大勝から一転…清水はシュート3本で水戸と低調ドロー

ゲキサカ 6月4日(土)18時23分配信

[6.4 J2第16節 水戸0-0清水 Ksスタ]

 前節、記録的大勝をおさめた清水エスパルスにその勢いはなく、水戸ホーリーホックと0-0の引き分けに終わった。

 強風の中で行われた一戦は前半4分にFW鄭大世が強烈な左足シュートを放つなど、清水が主導権を握った。対する水戸はセットプレーからチャンスを伺うも風に苦しみ、同33分にMF船谷圭祐の右CKからDF細川淳矢が放ったヘディングシュートはクロスバーに嫌われた。

 後半は水戸にチャンスが多く訪れる。同21分、GK本間幸司のスローから一気にカウンターを仕掛け、最後はFW三島康平が左足ミドルも枠を捉えきれず。同アディショナルタイム5分にはPA手前の右でFKを獲得したが、キッカーのMF兵働昭弘が放ったシュートはGK杉山力裕の守備範囲に飛んでしまった。

 試合は0-0のままタイムアップ。前節、群馬に8-0で勝利した清水は、その試合からDF角田誠とDF犬飼智也を入れ替えてこの試合に臨んだが、シュート数はわずか3本に終わり(前節は19本)、今季3度目の2連勝とはならなかった。

最終更新:6月4日(土)18時23分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]