ここから本文です

首位札幌、連勝止まるも2点ビハインド追いつき千葉とドロー…稲本の負傷心配

ゲキサカ 6月4日(土)21時7分配信

[6.4 J2第16節 札幌2⁻2千葉 札幌ド]

 首位に立つ北海道コンサドーレ札幌はホームでジェフユナイテッド千葉と対戦し、2-2で引き分けた。コンサドーレ札幌の連勝は6でストップ。ただ負けなしは、9戦に伸び、首位をキープした。札幌と同じく5月を負けなしで過ごした千葉の不敗も6戦に伸びている。

 まず試合に動きがあったのは前半10分すぎ、札幌MF稲本潤一がボールを奪いにいった際に右ひざを負傷。治療を行う間、札幌は10人での戦いを強いられた。

 すると千葉はその隙を突く。前半16分、右サイドのスペースに流れたMFアランダがクロス。DFの頭に当たるが、浮き球に反応したのはMF町田也真人。右足ダイレクトボレーでゴールネットに突き刺した。

 さらに千葉は前半20分、右サイドで粘ったFWエウトンがゴール前に折り返すと、ファーサイドにまで流れてしまうが、走り込んだDF阿部翔平が左足ダイレクトで狙う。鮮やかな弾道のシュートは阿部の移籍後初得点となり、追加点をもたらした。

 稲本が前半17分に負傷交代するアクシデントに見舞われるなど、リズムに狂いが生じていた札幌だが前半38分、MFマセードが右サイドをドリブルで持ち上がってクロス。DFに当たってファーサイドまで届くと、FW内村圭宏がボールコントロールから上手くゴールに蹴り込む。内村の4試合連続ゴールで何とか千葉の流れを食い止めた。

 後半に入ると一進一退の攻防が続く。7分に町田がMF吉田眞紀人との交代を余儀なくされた千葉も懸命に追加点を狙うが、なかなかゴールが遠い。すると後半27分、札幌は左サイドをFW都倉賢がドリブルで持ち上がると、ゴール前にクロス。千葉DF阿部と重なり合うように入り込んだFWヘイスが押し込む。ブラジル人助っ人の来日初ゴールで首位の札幌が辛くも勝ち点1をもぎ取った。

最終更新:6月4日(土)21時7分

ゲキサカ