ここから本文です

kokua バンド史上初となる東名阪福ホールツアーが開幕、スガ シカオ新旧ナンバーも披露

エキサイトミュージック 6月5日(日)1時15分配信

デビュー満20周年の集大成となるスペシャルイベント『SUGA SHIKAO 20th Anniversaryスガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~』を来年2017年5月6日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催することを発表、今年1月には周年企画第一弾として、6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』を発売、続く第二弾企画として、今週6月1日に自身がボーカルを務めるバンドkokuaの10年越しの1stアルバム『Progress』をリリースするなど精力的に活動を続けるスガ シカオ。

【この記事の関連画像をもっと見る】

そんなkokuaが1stアルバムリリースに紐づいたホールツアー『kokua Tour 2016 Progress』を本日スタートさせた。場所は福岡国際会議場。kokuaがライブを行なうのは、2010年京都で行なわれた『平安神宮 月夜の宴』、2013年渋谷公会堂での『MUSIC MASTAR LIVE with kokua』といった2つのイベント出演のみとなっており、 バンド単独でのライブならびにツアーを開催するのは今回が初めてとなる。

ライブは武部聡志プロデュース作の壮大なインストゥルメンタル楽曲「BEATOPIA」でスタート、そして「Progress」のイントロでスガ シカオが現れると、会場に詰めかけた1000人のファンからは割れんばかりの歓声が沸き起こった。

本日のライブはバンド結成から10年の時を経て完成した1stアルバム『Progress』のツアーということもあり、スガはMCで「キャリア、芸歴がとても長いメンバーですが、デビューアルバムをリリースしたばかりの新人バンドです。どうぞよろしくお願いします!」と語るとニューアルバムの収録曲「黒い靴」「私たちの望むものは」「夢のゴール」など余すことなく新曲を披露、更には「オバケエントツ」「愛について」といったスガ シカオ新旧ナンバーまで、盛りだくさんで構成されたボリューム満点の内容でライブを展開。

また、NHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀』から主題歌作成のオファーをはじめに受けたときのことを、スガから聞かれた武部は「大人が楽しめるバンドを目指した」と語る一幕も。アンコールでは「砂時計」で会場が感動の渦に巻き込まれることとなった。

ツアーはこの後、6月14日(火)愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール、6月17日(金)大阪・NHKホール、6/24(金)東京・NHKホールまで続く。

<作品情報>
kokua 1st Album『Progress』
2016.06.01リリース
【初回プレス分】
「プログレス 音楽の流儀」ステッカー封入
VICL-64578 / ¥3,000(税抜)

<ツアー情報>
【kokua Tour 2016 「Progress」】
6月4日(土)福岡・福岡国際会議場メインホール 
6月14日(火)名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
6月17日(金)大阪・NHK大阪ホール
6月24日(金)東京・NHKホール

最終更新:6月6日(月)1時0分

エキサイトミュージック