ここから本文です

<速報>「空のF1」で日本人パイロットの室屋が悲願の初V!

THE PAGE 6/5(日) 16:19配信

時速350キロを越える3次元のモータースポーツで「空のF1」とも称されるレッドブル・エアレースの千葉大会の本戦が5日、千葉市の幕張海浜公園の特別コースで行われ、日本人パイロットとして、ただ一人シリーズにフル参戦している室屋義秀(43、Falken)が悲願の初優勝を果たした。

 レッドブル・エアレースは、11か国、14人のパイロットで争われるタイムレース。
 前日に予定されていた予選は、強風高波で中止となったが、1対1の勝ち抜き方式で行う「ラウンド・オブ・14」は、現在のランキングに沿った組み合わせでスタートすることになり、11位の室屋は、4位のピート・マクロード(32、カナダ)と対戦した。スモーク(演出のための煙)が出なかったため、1秒のペナルティを課せられたが、マクロードが、安全性を確保するため規定されている「10」Gを超えるオーバーGのミスを犯して失格。「ラウンド・オブ・8」に駒を進めた。

 続く“準決勝”は「ラウンド・オブ・14」のタイム順に上、下で組み合わされるが、6位通過の室屋は、現在のランキングトップで優勝候補のマティアス・ドルダラー(45、ドイツ)とのマッチングとなり、大きな山場を迎えた。室屋は、冷静に攻めて1分04秒610の好タイムでフィニッシュ。対するドルダラーは、途中経過では、室屋のタイムを上回っていたが、意識しすぎたのか、ゲート8、9のハイGの危険性のあるゾーンで、オーバーGのミスを犯して失格となった。室屋は優勝者を決める「ファイナル4」に進出した。

 「ファイナル4」は「ラウンド・オブ・8」を勝ち抜いた4人のタイムレースだが、2番目にフライトした室屋は、1分04秒992の好タイムを叩き出して、まず1番目にフライトを終えていたベテランのナイジェル・ラム(59、イギリス)の記録を上回り、表彰台を確定した。

 続くカービー・チャンブリス(56、、アメリカ)も、1分05秒618、ここまでコースレコードを作っていたマーティン・ソンカ(38、チェコ)には、途中まで、0.04秒上をいかれていたが、最後は失速して1分05秒097でフィニッシュ。室屋が2年連続の開催となった母国の千葉大会で頂点に立った。

 室屋は2009年にレッドブル・エアレースに参戦以来、悲願の初優勝。2位は、ソンカ、3位は、チャンブリス。
 

1/2ページ

最終更新:6/5(日) 18:45

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。