ここから本文です

シリーズ最新作『スーパーロボット大戦V』も発表! “『スーパーロボット大戦』鋼の超感謝祭2016”リポート

ファミ通.com 6月5日(日)18時0分配信

文・取材:編集部 北埜トゥーン、撮影:カメラマン 和田貴光

●豪華メンバーで25周年をお祝い!
 2016年6月4日、千葉県・舞浜アンフィシアターにて、“『スーパーロボット大戦』鋼の超感謝祭2016 ~25周年の感謝をこめて~”が開催された。本イベントには、神谷明さん、緑川光さん、檜山修之さん、置鮎龍太郎さん、鈴村健一さん、島崎信長さん(※島崎さんの崎は山+立+可)、日笠陽子さん、相沢舞さん、三上枝織さん、水樹奈々さん、水木一郎さん、ささきいさおさん、JAM Project、米倉千尋さん、美郷あきさんが出演し、トークやライブで『スーパーロボット大戦』25周年をファンとともにお祝いした。

 イベントではまず、バンダイナムコエンターテインメント代表取締役社長 大下聡氏が「『スーパーロボット大戦』シリーズは25周年を迎えました。1991年4月20日にシリーズ第1作が登場して以来、現在までに90作品発売され、累計販売本数は1670万本を突破しました。これもファンや関係各位の皆さまの温かいご支援の賜物だと思います。深く感謝を申し上げます」と挨拶。その後、会場が暗転し、神谷さんのナレーションでイベントの開幕が宣言され、「この男なくして、“スパロボ感謝祭”は始まらない」という言葉にあわせて水木さん登場。ステージに登場した水木さんは、客席の真ん中に一瞬で移動するというイリュージョンを披露した後、そのまま『おれはグレートマジンガー』を熱唱し、会場を盛り上げた。

 同曲を歌い終えた水木さんは「25周年、めぜたいZ」と喜びを表現していた。そして、ここで『スーパーロボット大戦』シリーズ総合プロデューサーの寺田貴信氏が登場し、「おかげさまで『スーパーロボット大戦』は25周年を迎えることができました。25年前からいまも『スパロボ』に関わっているのは、私を含め数名しかいないのですが、どんどん新しいスタッフが入って、『スパロボ』を作り続けてくれています。ファンの皆さまと同じく、スタッフにも感謝したいと思います」と25周年に対する想いを語った。

 続いて、緑川さん、鈴村さん、檜山さん、神谷さん、置鮎さんの生ナレーションとともに、『スーパーロボット大戦』シリーズの歴史を振り返る特別映像が上映され、最後に6月30日に発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『スーパーロボット大戦OG ムーンデュエラーズ』(以下、『ムーンデュエラーズ』)の最新PVが公開。

[関連記事]
『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』最新映像を盛り込んだ13分にも及ぶ映像が公開

 PVの上映が終わると置鮎さん、島崎さん、緑川さん、日笠さん、檜山さん、寺田氏、『ムーンデュエラーズ』プロデューサーの塚中健介氏がステージに登場し、トークパートへ。本作の主人公トーヤを演じる島崎さんは、版権作品のキャラクターや『魔装機神』に一般兵としてシリーズ作品に出演したことがあるものの、オリジナルキャラクターでは初参加だという。収録時の思い出としては、トーヤは『スーパーロボット大戦』史上最多のセリフ数があり、たいへんだったとのこと。それだけのボイス量になったことについて寺田氏は、パートナーが3人いることなどが理由と説明。島崎さんは「相手によって、掛け合いのテンションに変化があるので、楽しんでもらえるんじゃないかと思います」とコメントしていた。それを聞いた日笠さんの「(日笠さん演じる)カティアにいちばん情を込めて収録したんだよね?」と質問に、島崎さんが黙り込んで回答せずいると、日笠さんが「違うの!」と怒るというやり取りもあり、客席から笑いが起きていた。

 続いて、『無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ』(以下、『無限のフロンティア』)からの参戦が発表されたハーケンの話題に。参戦の理由について、寺田氏と塚中氏は、ふたりが同作を担当していたこと、同作のディレクターの森住惣一郎氏も『OG』シリーズ本編への参加を考えていたこと、そしてハーケン演じる檜山さんから「俺はいつ出られるんでしょうか?」と相談があり、今回参加が決定したとのことだった。ちなみに、『ムーンデュエラーズ』に登場するゲシュペンストは『無限のフロンティア』のものとは異なっており、その謎はゲーム中で明らかになるという。また、塚中氏からアシェンがサブパイロットとして登場することも発表された。メインパイロットをハーケンから変更すると、それぞれのキャラクターにアシェンとの専用の掛け合いも用意されているとのことなので、発売されたら、ぜひ試してみよう。そして、ここで『ムーンデュエラーズ』の主題歌がJAM Projectの『Shinig Storm』であることも発表され、そのまま初披露。イントロが流れた瞬間から観客は立ち上がり、大いに盛り上がった。

 つぎは、置鮎さん、緑川さん、三上さん、相沢さん、寺田氏で、スマートフォン向けアプリ『スーパーロボット大戦X-Ω』(以下、『X-Ω』)のコーナーへ。まずは、三上さんと相沢さんのふたりが同アプリの開発・運営を担当しているセガゲームスに取材へ行った映像が公開された。映像では、アップデートなどを中心に新情報が発表。内容は以下の通り。

・レアリティ覚醒
好きなIPのユニットを選んで育てることができ、1体を最大レアリティSSRまで鍛え終えると、つぎのユニットを選べるようになる。

・限界突破
いままでは同じタイプのユニットでなければ限界突破できなかったが、べつのタイプのユニットでも可能に。

・ロード時間 / 通信エラー時のAP消費
長いロード時間と通信エラー時のAP消費の改修。AP消費のタイミングをバトル開始後に仕様変更。

・各タイプのパワーバランス調整

・チップ交換所のラインアップも充実に

・新タイプ“ファイター”、“ブラスター”追加

・そのほか“制覇”など新コンテンツも随時追加予定

・新マイページ
新しいコンテンツにあわせてマイページを改修。

・パイロットパーツ装備
専用の交換所やイベント報酬として入手可能。装備することでビジュアル変わり、通常と違う精神スキル、リーダースキルを得ることができる。

・ボイスの実装
一部のパイロットパーツにボイスが実装。ボイス付きパイロットは随時追加される。

・VSバトルモード
リアルタイムではなく、ターン制のバトルシステム。ユニットの運動性で行動順が決定。戦略的に編成を組み楽しむことができる。

・アリーナ
新バトルシステム“VSバトルモード”でほかのユーザーのデータと対戦ができる。NPCプレイヤーとの対戦も存在する。

 そのほかにも、寺田氏から『ムーンデュエラーズ』よりグランティード、『X-Ω』のナビゲーションキャラクターであるオリーヴ・オペールがパイロットとして参戦することも発表された。オリーヴの声を担当するのは、三上枝織さん。

 その後には、アプリ内で現在開催中の進撃イベント“足掻く生命”に緑川さんが挑戦。クリアーすることができれば、25周年にちなんでΩクリスタル25個が全ユーザーにプレゼントされるという。アタッカーが早々に倒されてしまい、危うい場面もありながら、最終的には、温存していたスキルをボスに叩きこみ見事クリアーしていた。

 続いて、「すごいことが起こりますよ」(置鮎さん)という意味深な前振りの後、鈴村さんと水樹さんが登場。「新たな作品を生み出す」(鈴村さん)、「新たな胎動が動き出す」(水樹さん)というナレーションが入り、シリーズ最新作『スーパーロボット大戦V』が2017年にプレイステーション4とプレイステーション Vitaで発売されることが発表。

[関連記事]
『スーパーロボット大戦V』がPS4、PS Vita向けに発売決定 『勇者特急マイトガイン』や『宇宙戦艦ヤマト2199』などが初参戦!

 ここでは、置鮎さん、相沢さん、鈴村さん、水樹さん、緑川さん、檜山さん、寺田氏がステージに登場し、トークが展開された。まずタイトルの“V”は、Voyage(航海)という意味が込められていると寺田氏は説明していた。そして、会場でも大歓声が上がった『宇宙戦艦ヤマト2199』の参戦については、以前から考えていたという。しかし、『宇宙戦艦ヤマト』にはロボットがアナライザーしか出ていないと悩んでいたとき、鈴村さんと出会い「『ヤマト』は『スパロボ』に出ないですか?」と言われたことや、バンダイナムコエンターテインメントからの「新しいクロスオーバーを」という声があり、参戦が決定したとのこと。

 『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』のアンジュとして、『スーパーロボット大戦』本編初出演となった、水樹さんは「とにかく叫びまくりました」と収録を振り返った。また、『勇者特急マイトガイン』は、置鮎さん、緑川さん、檜山さんの3人が出演していた作品ということで、当時の思い出話に花を咲かせていた。ちなみに、『スーパーロボット大戦V』は続編の発売の予定はなく、1作品で完結する内容になるとのこと。そして、ここで『宇宙戦艦ヤマト2199』の参戦が決定したということで、ささきさんが登場し、『宇宙戦艦ヤマト』を熱唱。

 その後、神谷さん、水木さん、寺田氏が合流し、超感謝祭メモリアルトークを実施。『スーパーロボット大戦』シリーズの思い出を聞かれた神谷さんは「20年ほど前に『スパロボ』に声が入るということで、声をかけていただいて、八奈見乗児さんやキートン山田さんと「まさか、あのキャラクターをまた演じることができるとは思わなかった」という話をしたのを覚えています。そこから、さらに20年近く経過しているんですね」と感慨深そうに初めての収録を振り返っていた。水木さんからは『第3次スーパーロボット大戦』をユーザーとしてプレイしており、当時は歌が入っていなかったことから、寺田氏と会った際に「僕にテーマ曲を歌わせてもらえないですか?」と直談判したというエピソードが披露された。また、『スーパーロボット大戦』のアルバムがオリコンチャートに入ったことや、ライブを開催したことが思い出に残っているとのこと。そして、寺田氏が「このような豪華なメンバーでイベントができているのは、夢のようです。30周年もぜひ開催したいです!」という意気込みを語ると、それに対し水木さんがオープニングの演出について「(過去には)太鼓も叩いたし、空も飛んだし、イリュージョンもしたし、つぎは何をすればいいですかね?」と質問すると会場は笑いに包まれていた。その後も、まだまだ話は尽きない様子だったが、残念ながら時間となってしまいここで終了。

 ここからはプレミアムライブに突入! トップバッターを務める水木さんが『鋼鉄ジーグのうた』、『コン・バトラーVのテーマ』、『今がその時だ』、『鋼の方舟』の4曲を歌い上げると会場のテンションは一気に上昇。

 つぎに美郷さんが『僕らの自由』、米倉さんが『嵐の中で輝いて』を歌唱し、観客を魅了していく。『嵐の中で輝いて』のラストには、米倉さんの「みんないっしょに声を出してください」という呼びかけに、会場全員で大合唱する一幕も。

 続いて、神谷さんの「チェンジ、ゲッター1! スイッチオン!! ゲッタービーーーーーム」というセリフにあわせて、ささきさんがステージの登場し、『ゲッターロボ!』を熱唱。そのまま連続で『いざ行け!ロボット軍団』も披露した。

 その後に登場した水樹さんは『禁断のレジスタンス』と『UNCHAIN∞WORLD』を歌い上げる。水樹さんのアツいパフォーマンスに、観客もコールで応えていた。

 ライブパートも終盤戦へ。JAM Projectが『鋼のレジスタンス』、『Rocks』、『SKILL』で畳み掛けると会場の熱気は増していく。さらにその後、水木さんとのコラボで『鋼の救世主』を熱唱するとボルテージは最高潮に!

 そして最後は、出演者全員で『マジンガーZ』を大合唱した後、水木さんの「今度は『スパロボ』30周年で会おうZ!」と力強い宣言でイベントは締めくくられた。



(C)SRWOG PROJECT
(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)賀東招二・四季童子/陣代高校生徒会
(C)賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners
(C)カラー
(C)Go Nagai・Yoshiaki Tabata・Yuuki Yogo/Dynamic Planning
(C)サンライズ
(C)SUNRISE/PROJECT ANGE
(C)ジーベック/1998 NADESICO製作委員会
(C)創通・サンライズ
(C)永井豪/ダイナミック企画
(C)1998 賀東招二・四季童子/KADOKAWA 富士見書房・刊
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

最終更新:6月5日(日)18時0分

ファミ通.com