ここから本文です

台湾と日本の学術交流に貢献 故・宋文薫氏に旭日中綬章…家族が感謝

中央社フォーカス台湾 6月5日(日)14時30分配信

(台東 5日 中央社)日本政府による2016年外国人叙勲で、故・宋文薫台湾大学名誉教授が旭日中綬章を受章した。生前は考古学分野で台湾と日本の学術交流に貢献。今月4日には台東で追悼式が開かれた。

日本の対台湾窓口機関、交流協会によると、本来は4月29日に発令される予定だったものの、宋氏は直前の27日に他界。同日付で死亡叙勲が発令されたという。

娘の和さんは、宋氏から「勲章をもらう」「お前だけが知っている。誰にも話してはならないよ」といわれていたが、ほかのきょうだいにも同じことを話していたため、詐欺だと思い「無視していた」と振り返る。だが、その後事実だと判明。日本政府の対応に感謝を示している。

(盧太城/編集:齊藤啓介)

最終更新:6月5日(日)14時30分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。