ここから本文です

クーチャーら3選手が首位に並ぶ 岩田寛は58位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月5日(日)9時33分配信

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 3日目◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392 yd(パー72)

【画像】日本勢の2人は明暗・・・

最終組が残り3ホールとなったところで雷雲接近のため約2時間半の中断を挟んだが、午後8時過ぎに全組がホールアウト。通算14アンダーの首位に、この日ベストの「64」をマークしたウィリアム・マクガートほか、ゲーリー・ウッドランド、マット・クーチャーの3人が並んだ。

激しい雨はコースコンディションを変えるとともに、上位のスコアもかき乱した。中断前までは首位に立っていたエミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)は、再開後の17番でダブルボギー。「17番はショットを打つ準備ができていたのに、オフィシャルが“待て”と言って(中断の)ホーンを鳴らした」と悔しがった。単独首位で最終ホールを迎えた最終組のクーチャーも、18番をボギーとして後続に飲み込まれた。

通算13アンダーで4位に続くのは、アダム・ハドウィン(カナダ)、ダスティン・ジョンソン、ジョン・カラン、グリージョの4選手。以降も、首位と3打差以内に15人がひしめく混戦模様だ。


3戦連続で予選通過を果たした岩田寛は、6バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「70」で回って通算4アンダーの58位。なお、松山英樹は今季2度目の予選落ちを喫している。

あす最終日も午後から悪天候が予想されているため、午前8時半から10時半の間に、1番と10番から3サムでティオフする予定となっている。

最終更新:6月6日(月)8時41分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]