ここから本文です

韓国国防白書 日本語など6カ国語の要約版配布へ

聯合ニュース 6月5日(日)11時12分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は国防政策を海外に正しく知らせるため、年末に発表する2016年版国防白書について日本語など6カ国語の要約版を配布する。国防部関係者が5日、明らかにした。

 要約した白書は外国の在韓大使館の武官を対象にした国防政策説明会で配るほか、海外の大学や研究機関に配布するという。30ページ程度に要約する予定で、日本語のほか、英語、中国語、ロシア語、スペイン語、アラブ語版が制作される。

 昨年、英語の要約版白書を配布したところ反応がよく、英語圏以外からも要請が来たため対象言語を拡大するという。

 国防部は2年ごとに国防白書を発表している。16年版は12月末に発表される予定。北朝鮮の4回目核実験以降の核能力に対する評価やミサイル開発レベルなどの新しい評価が反映されるとみられる。

最終更新:6月5日(日)11時12分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。