ここから本文です

岩田寛に届いた父からのプレゼント

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月5日(日)9時39分配信

3週続けての決勝ラウンド。ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)で迎えた「ザ・メモリアルトーナメント」3日目、岩田寛は中盤に6バーディを重ねて一時は7アンダーまで伸ばしたが、終盤にスコアを落とし通算4アンダーの58位で終えた。

【画像】岩田寛 キャップに込める熊本への思い

「1Wとパターは良くなかったけど、アイアンがだいぶ良かった」という土曜日。岩田は6番からの9ホールで、6バーディを荒稼ぎした。バーディパットはすべて3m以内につけた。付け加えるなら10番、15番でも、外しはしたが1mちょっとのバーディチャンスにつけている。

池の先に、グリーンが右手前から左奧に斜めに配された16番(パー3)で、ピンポジションは最難関の左奧。実測181ydで右からの風に6Iを振り抜くと、球は軽いドロー軌道を描いて真っ直ぐピンに向かって飛んでいった。「今日、一番良いショット」という一打だったが、グリーン面に1yd短く、手前の傾斜に当たって池へと転がり落ちてダブルボギー。続く17番もフェアウェイバンカーから谷越えのグリーンを6Iで果敢に攻めたが、高く上がり過ぎた球は、谷底のクリークへと消えていった。

だが、岩田の表情は沈まなかった。「(ミスが)僕の中の範囲内に収まってくれていたので、割と自信を持って打てていた」と、“フンフン”とはいかないまでも、下を向かずに歩き続けた。

今週、日本にいる岩田の父・光男さんから、息子へのプレゼントが到着した。最新式の弾道計測器「トラックマン」だ。普段、連絡を取り合うことはほとんどないという親子だが、「何かをつかむきっかけにしてほしい」という伝言とともに、関係者に託されて米国へと届けられた。

第2ラウンド終了後の練習場に初めて持ち込んだ。「どうせ(芯に)当たらないから使わないで」と言ったが、無視された。それでも、計測されたデータを見て飛距離とヘッドスピードが落ちていることを認識した。

前日に続き、この日もラウンド後の練習場で「トラックマン」を使用した。ロフトの違う1Wを打ち比べ、スピン量や飛距離を見ながら最適なセッティングを探し求めた。「(父に)何を言われても僕が聞かないんで」と会話は減ったが、その絆は昔も今も変わらない。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

最終更新:6月5日(日)9時39分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]