ここから本文です

【KOTC】RIZINの村田夏南子がTKO勝ち

イーファイト 6月5日(日)16時31分配信

「KOTC Firefight」(6月4日 アメリカ・カリフォルニア州SOBOBA CASINO)

【フォト】デビュー2戦目にして初めてケージ(金網で囲まれたリング)に入った村田

▼女子 5分3R
◯村田夏南子(フリー)
TKO 3R 3分43秒.
●マイア・スティーブンソン(アメリカ)

 6月4日(土・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州サンハシントのソボバカジノにて行われた『KOTC』(キング・オブ・ザ・ケージ)で、村田夏南子(フリー)が3R3分43秒、パウンドによるTKOでマイア・スティーブンソンに勝利した。

 村田は幼少期より柔道を始め、中学2年生時には全国大会で優勝。中学3年でレスリングに転向し、高校時代には国内ジュニア大会を総なめ。世界王者・吉田沙保里とは3度対戦していずれも敗れているが、2011年の全日本選手権決勝では第1ピリオドで2ポイントを奪うなど善戦し、注目を浴びた。2012年には吉田が欠場した全日本選手権で優勝。

 2013年にはJOCが次世代のシンボルアスリートとして制定したJOCネクストシンボルアスリート6人のうちの1人として選ばれ、東京五輪での活躍が期待されている。昨年の大みそかにMMA(総合格闘技)と二束のわらじを履くことを宣言し、今年4月の『RIZIN.1』でプロデビュー。得意のタックルを駆使して勝利を飾った。今回で2連勝。

 村田はRIZIN事務局を通じて、「勝ちました! 自分はまだMMA2戦目ですが、これからどんどん強くなるつもりです。たくさん練習してたくさん勉強して、いい試合を見せますので、期待してください」と、勝利のメッセージを寄せている。

最終更新:6月5日(日)16時31分

イーファイト