ここから本文です

【DEEP JEWELS】スギロックが富松破り王座に返り咲き

イーファイト 6月5日(日)17時34分配信

「DEEP JEWELS 12」(6月5日 東京・新宿FACE)

▼メインイベント DEEP JEWELSアトム級王者決定戦 5分3R ※ヒジあり
○スギロック(和術慧舟會AKZA/元DEEP JEWELSフェザー級王者) 
判定3-0
●富松恵美(パラエストラ松戸/元DEEP JEWELSライト級暫定王者)
※スギロックが新王座に就く。

【フォト】ベルトを巻いたスギロック

 第3代王者V.V Mei(ヴィーヴィー・メイ)がタイトルを返上。それに伴い元DEEP JEWELSライト級(現ストロー級)暫定王者・富松と元・同フェザー級(現アトム級)王者スギロックが第4代王座を争うことになった。

 富松は柔術の寝技に加えてボクシング技術も向上し、現在3連勝中。そのうち2試合は関節・絞め技で一本勝ちしている。対するスギロックはプロデビューから8連勝し、無敗のまま初代フェザー級王座に就いたが連敗を喫して王座も失い、充電期間を経て2015年11月に復帰した。

 1R、お互いにオーソドックススタイル。開始早々にスギロックは左ジャブを細かく出しながら得意の右ストレートをクリーンヒットさせ、富松は尻餅をつく。富松はすぐに立ち上がり、ダメージを感じさせることなく左ジャブ、右ストレートを返す。打撃を交ぜながら組み付いた富松はテイクダウンを狙うがスギロックは粘る。

 2R、お互いに左ジャブ、右ストレートを交換させる中、今度は富松の右ストレートがクリーンヒット。グラつくスギロックに組み付いた富松はテイクダウン狙い。ここでもスギロックは耐え、寝技の展開にはいかせない。

 3R、スギロックは手数をさらに増して細かい左ジャブから右ストレート。富松もカウンターの右ストレートを返す。富松は何度も組み付いてテイクダウンを狙うが失敗に終わる。

 スギロックの手数が多く、富松は劣勢の印象。スギロックが判定3-0で王座奪回に成功し、「ベルトが返ってきました! 前回は防衛出来なかったので今回は1度は防衛したい。もうちょっと応援よろしくお願いします」とアピールした。

最終更新:6月5日(日)17時34分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]