ここから本文です

6年連続でツアー初優勝者が制覇 塚田陽亮がメジャーで初タイトル

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月5日(日)15時41分配信

◇国内男子メジャー初戦◇日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 最終日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース◇7384d(パー71)

最終日もたっぷり見せます!「ツアー選手権森ビル杯」フォトギャラリー

5年連続でツアー初優勝者による大会制覇となっていた流れに、プロ9年目の31歳が続いた。12位からスタートした塚田陽亮が7バーディ、2ボギー「66」でプレー。通算2アンダーで4打差を逆転し、ツアー初優勝をメジャータイトルで飾った。

通算1アンダーの2位にマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)。通算イーブンパーの3位に谷原秀人とアダム・ブランド(オーストラリア)。谷原は2打差を追う15番(パー5)で、8mを決めるイーグルで一時は首位をとらえたが、直後の16番(パー3)から2連続ボギーをたたいて失速。惜しくも初の日本タイトルを逃した。

通算1オーバーの5位に、ハン・ジュンゴン、パク・サンヒョン(ともに韓国)、ショーン・ノリス(南アフリカ)の3人が続いた。

前年優勝のリャン・ウェンチョン(中国)は通算4オーバーの10位タイ。4位から出た藤田寛之は「76」と落とし、通算6オーバーの17位タイ。賞金ランクトップを走るキム・キョンテ(韓国)は「78」と崩れ、通算11オーバーの36位タイとした。

また、今週を終えた賞金ランク上位2人に与えられる7月の海外メジャー「全英オープン」出場者が確定。同1位のキムは有資格者のため繰り下がり、同2位の池田勇太、同3位に滑り込んだ塚田がロイヤルトゥルーン行きの切符を手にした。

【主な上位成績】
順位/スコア/選手名
優勝/-2/塚田陽亮
2/-1/M.ヘンドリー
3T/0/谷原秀人、A.ブランド
5T/+1/パク・サンヒョン、ハン・ジュンゴン、S.ノリス

最終更新:6月7日(火)12時18分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。