ここから本文です

【DEEP JEWELS】復帰戦の長野美香、僅差で敗れる

イーファイト 6月5日(日)23時43分配信

DEEP東京事務局
格闘技イベント「DEEP JEWELS 12」
2016年6月5日(日)東京・新宿FACE

【フォト】上を取る長野(上)に対し、下から肩固めを仕掛ける向(下)

▼第5試合 DEEP JEWELSストロー級 グラップリングルール 4分2R
○向奈都美(マスタージャパン)
判定2-1
●長野美香(CORE王子豊島) 

 長野は女子MMAのトップファイターとしてジュエルスを牽引するも、2014年2月、引退セレモニーを行い、昨年4月に出産を経て今大会、グラップリングルールで復帰。

 対する向は柔道で実績を持ち、昨年10月のプロ柔術の大会では、元DEEP JEWELSフェザー級王者V.V Mei、元DEEP JEWELSライト級暫定王者・富松恵美のトップ選手2人をアームロックで下している。 

 1R序盤に素早いタックルを決めた長野がテイクダウンに成功するも、上を取った向が得意のアームロックを狙い早くも一本狙いへ。長野は防戦一方となり、何とか脱出に成功。終盤には長野は腕十字を仕掛け逆襲に出たが極められない。

 2R、再び長野はタックルを仕掛けテイクダウン。下の向は肩固めを狙う。長野が腕十字のプレッシャーをかけ、向が上を取り返したところで終了。判定2-1で向が勝利した。試合後、長野は「リングに上がる楽しさが今は以前よりもある」といい、次回ジュエルスでMMAでの復帰を宣言した。

最終更新:6月5日(日)23時43分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。