ここから本文です

イ・ボミが28年ぶり新記録 開幕9試合連続トップ10

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月5日(日)16時17分配信

国内女子ツアー「ヨネックスレディス」で、イ・ボミ(韓国)が4位に入り、開幕戦から出場9試合連続でトップ10に入った。1988年の大迫たつ子、91年のト阿玉(台湾)、2009年の横峯さくらの8試合連続を更新し、28年ぶりに新記録を樹立。「すごく嬉しい」と笑顔を見せた。

最新画像満載!イ・ボミのフォトギャラリー

初日27位と出遅れたが、2日目に「67」で5位に浮上。「優勝よりも記録を狙う」と断言していた。最終日は3バーディ、1ボギーの「70」で通算7アンダーとした。「ウェッジショットの距離感が合っていない」と首を傾げたが、ボギーを最小限に抑える安定感あるプレーに終始した。

昨季7勝で国内男女を通じて史上最高額を稼いだ女王は今年も強い。優勝こそ「PRGRレディス」の1度だが、最も低い順位は開幕戦の6位だ。

2000年には不動裕理が16試合連続のトップ10(開幕戦からではない)を記録しており、挑戦権を持つ立場だ。「来週もまたプレッシャーが大きくなる」と苦笑い。「早く(今季)2勝目が欲しいです」と本音をこぼした。(新潟県長岡市/林洋平)

最終更新:6月5日(日)16時17分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]