ここから本文です

TVアニメ『スカーレッドライダーゼクス』放送情報決定&先行上映会・ブリーフィングイベント開催決定!

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月5日(日)1時10分配信

<原作>『サクラ大戦』のレッド・エンタテインメント×<アニメーション制作>『マクロスシリーズ』のサテライトが贈る融合(ハイブリッド)するヒーローアクション『スカーレッドライダーゼクス』!
4月3日にTVアニメ化が発表されたが、満を持して放送情報が決定!

また、キャストを迎えて行う第1話の先行上映会イベントと、原作&アニメのメインスタッフが集結する緊急ブリーフィングイベントも開催が決定した。

さらに、早くも主題歌シングルの詳細が決定した。
OPテーマは駒江クリストフ・ヨウスケ(cv.鈴木達央)と霧澤タクト(cv.宮野真守)による「青と紅のフォルツァート」(作詞・作曲:志倉千代丸)で8月3日発売、EDテーマは無月ヒジリ(cv.KENN)による「old revelation」(作詞:岡本 純/作曲:高井ウララで、8月24日発売される。

7月5日よりテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、AT-Xにて放送開始予定!

●イベント情報
TVアニメ『スカーレットライダーゼクス』先行上映会
日時:6月25日(土)
 <1回目>18:55開演(20:00終了予定)
 <2回目>20:30開演(21:35終了予定)
場所:新宿バルト9

出演者(予定):鈴木達央(駒江クリストフ・ヨウスケ役)、近藤 隆(津賀ユゥジ役)、下野 紘(鞍馬ヒロ役)

<内容(予定)>
アニメ第1話の先行上映
メインキャストによるスペシャルトークショー
プレゼント抽選会

チケット:¥2,700(税込)
チケットぴあ
プレリザーブ受付期間:6月4日(土) 11:00~6月9日(木) 11:00
抽選結果発表:6月9日(木) 18:00

一般販売:6月11日(土) 10:00~ 予定枚数終了次第販売終了

TVアニメ「スカーレッドライダーゼクス」
放送直前LAG広報課緊急ブリーフィング
日時:6月29日(水) 開場18:30/開演19:30
場所:新宿ロフトプラスワン

前売りチケット:¥1,800
販売期間:6月6日(月) 12:00~ 発売!
・イープラス ※ファミリーマート店頭でもご購入頂けます

当日 ¥2,100(要1オーダー)

出演:伊東愛(レッド・エンタテインメント プロデューサー)、永川成基(シリーズ構成・脚本)、熊谷 純(脚本)、高井麗(MAGES.音楽ディレクター) ほか
スタッフがゲストとして登壇予定!

MC:高篠秀一(フリュー プロデューサー)

詳細はこちら

●放送情報
TVアニメ『スカーレッドライダーゼクス』

テレビ東京 7月5日(火)スタート 毎週火曜 25:35~
テレビ大阪 7月6日(水)スタート 毎週水曜 27:05~
テレビ愛知 7月11日(月)スタート 毎週月曜 26:35~
AT-X 7月12日(火)スタート 毎週火曜 21:30~

リピート放送
毎週木曜 13:30~
毎週日曜  5:30~
毎週日曜 26:30~
※放送日時は変更になる場合があります。

<世界観>
現実とは少し異なった地球。そこは「紅(ルビ:あか)の世界」よりの侵略者【ナイトフライオノート】の脅威にさらされていた。
人類は彼らに対抗するため、対位相外防衛機関【LAG(ラグ)】を設立、対ナイトフライオノート戦闘ユニット【スカーレッドライダー】を結成し、過去五回の全滅を繰り返しながら戦い続けていた。
やがて一人の少女、麻黄アキラが教官兼指揮官としてLAGへ着任すると、止まっていたナイトフライオノートの侵攻が再び始まる。
第六戦闘ユニット【スカーレッドライダーゼクス】のメンバー達は、アキラと共に世界を守るため、戦いに身を投じていく。これは彼女と少年たちの、愛と友情と、戦いの物語である。

【スタッフ】
原作:レッド・エンタテインメント『スカーレッドライダーゼクス』
監督:小森秀人
助監督:森山悠二郎
シリーズ構成:永川成基(ストーリーライダーズ)
脚本:永川成基/熊谷 純(シナリオ工房 月光)/福島直浩
キャラクター原案:pako
キャラクターデザイン・総作画監督:羽田浩二
サブキャラクターデザイン・総作画監督:嘉手苅睦
エフェクトコンセプト・エフェクト作画監督:橋本敬史
メカニカルデザイン:柳瀬敬之
スカーレッドライダー・ナイトフライオノートデザイン:植田羊一
色彩設計:小針裕子
音響監督:森下広人
音楽:阿保剛/原田ナオ
音楽制作:5pb. Records
アニメーション制作:サテライト
製作:SRX PARTNERS

【キャスト】
麻黄アキラ:清水彩香
駒江クリストフ・ヨウスケ:鈴木達央
霧澤タクト:宮野真守
津賀ユゥジ:近藤 隆
鞍馬ヒロ:下野 紘
錫木カズキ:高橋広樹
無月ヒジリ:KENN
フェルナンデス:竹本英史
レスポール:浪川大輔
ディバイザー:小山力也
デュセンバーグ:高橋直純
リッケンバッカー:岡本信彦
エピフォン:藤原祐規
甘粕ソーイチロウ:遊佐浩二
石寺ハヤト:上別府仁資
佐倉サロメ・ハコ:明坂聡美
グランバッハ:安元洋貴

<キャラクター紹介>

※左から順

駒江クリストフ・ヨウスケ:鈴木達央
ニホン人の父とドイツ人の母を持つハーフ。幼い頃に両親を亡くし、タクトの家で育てられた。自己主張をしないクールな性格だが、不器用に仲間を気遣う情に厚い少年でもある。アキラに対しても、着任直後から信頼を寄せ、好意的に接している。自分しか部員のいない料理部の部長を務め、暇さえあれば調理室で過ごす。仲間に絶賛される料理の腕を誇るが、目を見ただけでパニックを起こすほど大嫌いな魚だけは例外で、切り身以外の調理が一切出来ない。コードネームはツァール・ツヴァイ。サイドギター担当。

霧澤タクト:宮野真守
頭脳派でプライドの高い少年。1つ下のヨウスケとは幼い頃から共にいる。アキラの着任まではリーダーとして指揮の訓練も積んでいたことから、全員の命を守る使命感が非常に強い。感情に流される者を蔑み、理論に裏打ちされた冷静な対応を尊ぶ一方、仲間の発言を鵜呑みにして真面目にボケる天然な面もある。猫好きだが、猫アレルギーを持つため飼えない。シイタケが嫌い。身長の低さがコンプレックスで、話題になると激怒する。コードネームはツァール・アイン。紅傷は右手。メインギターとヴォーカル担当。

津賀ユゥジ:近藤 隆
社会人経験が唯一ある最年長のライダー。LAGを卒業後、ハコダテの実家で酒屋を手伝っていた際にメインスタンスに選ばれていた事実が発覚し、復帰した。6人兄弟の長男坊で、家族や仲間を大切にする懐の広い性格。自分が守ると決めた対象には強い執着と兄貴分としての面倒見の良さを示す反面、親しくない他人にはなかなか打ち解けない頑なさも持つ。趣味は釣り。コードネームはツァール・ドライ。ベース担当のバンマス。

鞍馬ヒロ:下野 紘
最年少のライダー。読書を何より好み、図書館に安らぎを見出す内気な性格で、よく知らない相手には警戒を露にした冷たい言動を取る。女の子のような外見などが原因で苛められていた体験から、他人の目に怯えて過ごすようになった。ようやく得た自分を受け入れてくれる環境が壊されることを常に恐れている。綺麗な石を集めるのが趣味。コードネームはツァール・フィア。ドラム担当。

錫木カズキ:高橋広樹
独特の感性と理解を得られない言動に徹する少年。日本語と英語を混ぜる発言が特徴。変人として扱われており本人も否定しないが、陰では優れた洞察力を発揮し、穏やかに状況を分析する知性も併せ持つ。自分の苗字を嫌い、周囲にも名前で呼ぶように頼んでいるが、パートナーのリッケンバッカーには呼んでもらえたことがない。コードネームはツァール・フュンフ。キーボードと作詞作曲担当だが、仲間に却下されるほど酷い作詞センスは本人の悩みの種。

無月ヒジリ:KENN
ある事情により、中途編入してきた少年。女慣れした言動と軟派な振る舞いが目立つ反面、アキラの過去に踏み込むなど謎めいた発言などで戸惑わせ、その真意を掴ませない。遠慮なくずばずば指摘する物言いから周囲の反発を招きやすい性格で他のメンバーとも当初は衝突する。石寺長官の推薦で、正式なライダーではないながらもオブザーバーとしてヴォクスへの搭乗を許される。唯一、紅傷の色が白い。コードネームはツァール・ゼクス。

麻黄アキラ:清水彩香
戦闘指揮教官。幼少時から勉強に明け暮れ、飛び級の末に15歳で大学院を卒業した天才。琉球LAGの嘱託教官の辞令を受け着任した。顔も覚えていないほど両親とは疎遠が続き、同年代の友達もいないまま育ったため、世間知らずな面もある。平時は素直で無邪気な反応も見せる年相応の少女だが、戦闘時には、有人兵器である航空機VOX(ヴォクス)に搭乗して戦場全体を把握し、冷静に苦境を切り開く優れた指揮官へと変貌する。

☆アニメオリジナルキャラクター
佐倉サロメ・ハコ:明坂聡美

サブスタンスのメンテナンス担当としてトウキョウから派遣されてきた少女。楽しいことが好きな明るい性格。誰とでも仲良く打ち解けるが、ドライな面もある。

フェルナンデス:竹本英史
ヨウスケのサブスタンス。炎をまとった見た目の通り、とにかくアツい超熱血。単純な性格でアツくまっすぐな物言いをする。周囲には暑苦しいヤツと思われているが、ヨウスケはそこが気に入っている。意地っぱりでケンカっ早く、すぐに暴れたがる。

レスポール:浪川大輔
タクトのサブスタンス。やんちゃな子供のような性格で、人をからかうのが大好き。イタズラをしかけては、いつもタクトに叱られているが反省の様子は無い。無邪気さと残酷さを併せ持ち、戦闘では残忍にふるまう。

ディバイザー:小山力也
ユゥジのサブスタンス。王者の風格を持ち、他のサブスタンスのまとめ役。プライドが高く、何事も仕切りたがる。情に厚く頼られるとNOと言えない良いところもある。口では自分が一番だと言っているが、本当は常に自分より仲間を大事に思っている。

デュセンバーグ:高橋直純
ヒロのサブスタンス。蝶を模した外見。男性でありながら、女性そのものの細やかな気配りで世話を焼く。性別的には男性のハズだが、口調も行動も女性的。美しいものに目がなく、自身の美容とお肌のケアに余念がない。

リッケンバッカー:岡本信彦
カズキのサブスタンス。言葉が覚えられないのか、覚える気がないのか、発する言葉は奇声のみ。だが、カズキやほかのサブスタンスとは話が成立しているらしい。唯一ちゃんと発音できる単語はカズキの苗字「錫木(スズキ)」だけ。タクトの声がお気に入り。

エピフォン:藤原祐規
ヒジリのサブスタンス。初めて青の世界に出現したサブスタンス。多くのスカーレッドライダー候補生がレゾナンスを試みたが、一人として成功する者は無かった。他のサブスタンスと異なり、心を閉ざし、多くを語ろうとはしない。音楽にだけは興味を惹かれている。

(C)2016 RED/Rejet/STORY RIDERS,SRX PARTNERS

最終更新:6月5日(日)1時10分

M-ON!Press(エムオンプレス)