ここから本文です

福島で山車フェスタ 22団体登場

福島民報 6月5日(日)10時8分配信

 「2016ふくしま県北山車フェスタ」は4日、福島市中心部の13号国道をメインに開かれ、県北地方の山車22台が県都の夜を彩った。 
 福島市、伊達市、二本松市教委、福島商工会議所、福島市商店街連合会、福島民報社などでつくる実行委員会の主催。アフターデスティネーションキャンペーン(アフターDC)の特別企画で催した。福島、二本松、伊達の3市の町会などが守り継いだ22団体の山車が練り歩いた。相馬高相馬太鼓部が特別出演し、息の合った演奏を披露した。 
 踊り屋台の舞が開幕を飾り、多くのちょうちんをぶら下げた華やかな山車が次々に登場した。力強い太鼓とおはやしに合わせ「ワッショイ、ワッショイ」「ヤレヤレヤレ」と威勢のいい掛け声を響かせた。沿道で多くの観客が声援や拍手を送った。 

福島民報社

最終更新:6月5日(日)10時32分

福島民報