ここから本文です

<PrizmaX・森崎ウィン>スピルバーグ監督の新作に大抜てき 「体の震えを感じた」

まんたんウェブ 6月6日(月)8時0分配信

 スティーブン・スピルバーグ監督のハリウッド映画「ゲームウォーズ」(邦題)に、5人組ダンスボーカルユニット「PrizmaX」のボーカルの森崎ウィンさん(25)が起用されたことが6日、明らかになった。森崎さんは、夢だったというハリウッドデビューに「うれしい気持ちでいっぱい」と喜び「(出演に)今まで生きてきた中で一番の驚き」と話し「実感が湧いて、身体の震えを感じました」とメッセージを寄せている。

【写真特集】渡辺謙、マシュー・マコノヒーの“むちゃぶり”に困惑

 「ゲームウォーズ」は、アーネスト・クラインさんの小説(SBクリエイティブ)が原作のSF大作。原題は「レディ・プレイヤー・ワン」。西暦2041年を舞台に、10代の若者たちがバーチャルな世界を舞台に大富豪の遺産を追う……というストーリー。主演は映画「X-MEN:アポカリプス」のタイ・シェリダンさん、ヒロインは映画「シグナル」のオリビア・クックさんが務め、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のサイモン・ペグさんらも出演する。撮影は6月から海外で開始する。

 森崎さんは、主人公・ウェイド(タイさん)の友人のダイトーという役どころ。ダイトーのキャスティングは、日英バイリンガルという条件があり、数カ月間にわたって全世界でオーディションが行われていた。最終候補者の中からスピルバーグ監督自ら、森崎さんを指名したという。森崎さんは「スピルバーグ監督のもと、自分にできることをすべてつぎ込み、すばらしい作品をお届けできるように最後まで全力で撮影に臨みたい」と意気込む。

 森崎さんは、1990年8月20日生まれ。2008年にダンスボーカルユニット「PrizmaX」に参加。同年、連続ドラマ「学校じゃ教えられない!」(日本テレビ系)で俳優デビュー。「ごくせん」シリーズにも出演。映画「シェリー」(14年公開)で、映画初主演。NTTドコモのCMなどにも出演。なお、森崎さんが撮影に参加している間、PrizmaXは、黒川ティムさんがピンボーカルの4人体制でライブ活動を行っていく。

 映画は18年3月に世界同時公開。

最終更新:6月6日(月)8時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。